「針葉樹林」の版間の差分

(+常緑針葉樹・林落葉針葉樹林)
== 日本の針葉樹林 ==
日本で極相として針葉樹林があるのは、以下のような所である。
* 山岳地帯の[[亜高山帯針葉樹林]]。[[ブナ帯]]より上で、[[高山帯]]までの範囲がこれに当たる。標高で見れば、[[本州]]中南部地域ではおよそ1500m以上がほぼこれに当たる。[[北海道]]中部以北では平地までこの型の森林帯にはいる。但し、元からそうであった場所ばかりではなく、人の手によって後から植えられた商業樹林帯もこれに該当する為、どこまでが本来からの針葉樹林帯であるかは既に良く分からない
* [[照葉樹林]]帯では[[モミ]]、[[ツガ]]などの針葉樹が混じるが、これらが多いところでは、外からは針葉樹林のように見える。特に、モミ林はまとまった面積を占めることがあり、これを[[暖帯]]と[[温帯]]の間に位置すると見なし、[[中間温帯]]と称することがある。森林を構成する種の組成としては、照葉樹林である。
* 海岸の砂地や岩の上には[[クロマツ]]、[[アカマツ]]、[[イブキ]]などが目立つ森林が見られるが、広葉樹が中心になっていることが多い。
匿名利用者