「渡辺明 (棋士)」の版間の差分

編集の要約なし
[[2004年]]、第17期[[竜王戦]]の4組で[[阿久津主税]]、[[橋本崇載]]、[[塚田泰明]]ら有力棋士を破って優勝し、本戦トーナメントに進出。本戦トーナメントでは[[森けい二]]、[[谷川浩司]]、[[屋敷伸之]]に勝ち、挑戦者決定三番勝負では[[森下卓]]を2-0のストレートで破り、無敗の10連勝で挑戦権を得る。
 
そして[[森内俊之]]との第17期竜王戦七番勝負でフルセットの末に勝ち、2004年[[12月28日]]、名人とともに将棋界の二大タイトルの一つ<ref>竜王と名人は将棋界における最高位であり、棋士番号が小さい方が序列トップで、もう一方が序列2位である。</ref>である'''竜王位'''を弱冠20歳で獲得した。4組から竜王挑戦し、奪取に成功したのは[[藤井猛]]以来2人目である。また、20歳でのタイトル獲得は、屋敷(18歳・棋聖)、羽生(19歳・竜王)に次ぐ史上3番目の年少記録であった。なお、竜王奪取の前々日には、渡辺を追ったテレビのドキュメンタリー番組([[毎日放送テレビ|毎日放送]]制作・[[TBSテレビ|TBS]]系『[[情熱大陸]]』)が放送されていた。
 
[[2005年]]11月30日、第18期竜王戦第4局で[[木村一基]]の挑戦を4勝0敗のストレートで退け初防衛、'''史上最年少九段'''(21歳7ヶ月)となる<ref name="kudan">それ以前の九段昇段の最年少記録は、谷川浩司の21歳11ヶ月だった。なお、谷川が名人になった当時の昇段規定では、名人位獲得当日(谷川は当時、21歳2ヶ月)の日付での九段昇段ではなく翌年4月1日であった。したがって、仮に谷川が名人位獲得の日付で昇段していたとすれば、記録は破られていなかった。加えて、渡辺は2005年の10月1日から11月30日の僅か2カ月で六段から九段まで3つ昇段したが、竜王戦の規定でのみ1年以内に2つ以上昇段できるように規定が変更されたのは、渡辺が昇段する直前のことであった。</ref>。
 
== 人物 ==
* 好きな駒は「飛車」。理由は「一番動けるから」<ref>ネットラジオ「伝説の勇者の伝説のラジオ」第2回(2010年5月28日)</ref>。「魔太郎」「魔王」という愛称がある。魔太郎の由来は藤子不二雄A作『[[魔太郎がくる!!]]』のキャラクターに似ていることであり、本人も似ていると認めている<ref>[http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/846455edd4d5abb7ae91332d03c84fab 渡辺明ブログ 明日NHKNHK杯戦決勝。]のコメント欄参照。</ref>。
* 同門には[[松尾歩]]・[[宮田敦史]]がおり、{{要出典範囲|渡辺と合わせて所司門下スーパーカートリオと呼ばれている|date=2011年3月}}。
* [[チェス]]は指さないが、[[国際チェス連盟]]の日本人のレーティング上位にHabu, Yoshiharu、Watanabe, Akira、Moriuchi, Toshiyuki、と名前があるため、チェスのトッププレイヤーでもあると誤解されることがある(羽生と森内は将棋棋士本人であるが、Watanabe, Akiraは同姓で同音の[[渡辺暁]]であり別人)。
* 2010年1月にアーケードで稼動された「[[天下一将棋会]]」で、実際にプレイして、このゲームを高く評価した。また、本人のインタビューもこのゲームのホームページで視聴することができる。また、天下一将棋会の続編として開発されている、天下一将棋会2の[[ロケテスト]]において、イベントの一環である、プロ棋士対決のその一人として登場。駒落ち+多面指しと言うハンデにも関わらず、全戦全勝を記録している。この情報は、本人のブログにて見ることが出来る。
* ブログを開設しており、掲載されているgooブログにおいてはアクセスIP数ベスト10の常連となる人気である。このブログは2007年6月25日にgooブログのオフィシャルブログになった<ref>[http://blog.goo.ne.jp/index.php?fid=rankingBlog gooブログアクセスランキング]および[http://blog.goo.ne.jp/portal/official_blog_list/ gooオフィシャルブログ一覧]参照。</ref>。同年7月19日には管理人がつけられ、コメントの書き込みはgoo IDを持つものに限定されるようになった<ref>[http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/f5f8d55654f0051f26e887a83082fcec 渡辺明ブログ 管理人からのお願い]に、いきさつやお願いが掲載されている。</ref>。さらに2008年9月9日からは、コメント受け付けが停止された<ref>[http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/7fcb8d73562b5a9ec1061708041079ec 渡辺明ブログ 管理人より、コメントについて。]に、いきさつや渡辺本人のコメントが掲載されている。</ref>。
* [[競馬]]が好きで、G1レースのテレビゲストに呼ばれたこともある。<REF>[http://www.mp-tv.co.jp/keiba/back_no/staff_bk/2009/staff905.html 中央競馬ワイド中継・スタッフの四方山話160160話「渡辺竜王リターンズ!」]2009年5月10日はNHK[[NHKマイルカップ(G1)]](GI)施行日。</REF>2008年竜王戦第1局は[[パリ]]で行われたが、その際も[[サンクルー競馬場]]に向かい馬券を購入したほど。将来の夢は「フルタイム競馬ジジイ」とのことで、競馬雑誌のインタビューでは「現役を引退して、月曜日の朝からレースを全部見るのが、今から楽しみなんですよ」と語っている<ref>『[[競馬最強の法則]]』([[ベストセラーズ|KKベストセラーズ]])2009年4月号・pp.126 - 127</ref>。
* [[桃太郎電鉄シリーズ]]が好きで、ブログでも棋士仲間や家族と遊んだ事が話題に出ている。「[[竜王戦△将棋道場]] 渡辺明竜王指導対局([[ニコニコ動画]])」で「好きなカードはサミットカード」と述べている。
 
匿名利用者