「府兵制」の版間の差分

編集の要約なし
'''府兵制'''(ふへいせい)は、[[中国]]において[[南北朝時代 (中国)|南北朝時代]]の[[西魏]]から[[唐]]代まで行われた兵制。もともとは軍府に属する兵という意味で、[[日本史]]で言えば[[衛士]]や[[防人]]の制にあたる。基本的には、農民に自前で武器をもたせて任務につかせるという[[兵農一致]]の制度である。[[均田制]]と対をなす兵制であり、均田制の崩壊と共に崩壊した。
 
== 事前の経緯 ==
府兵制以前に行われていたのが[[兵戸制]]である。これは特定の家に対して永代の兵役義務を負わせるもので、その元は[[魏 (三国)|魏]]の[[曹操]]が[[黄巾党]]の残党30万を配下に入れた青州兵である。その後、兵戸制は南朝・北朝に受け継がれ、南朝では文治重視をして武を軽視する考え方から兵戸の没落を招き、[[宋 (南朝)|宋]]代に崩壊していた。しかし北朝では[[鮮卑]]の持つ尚武的な気風から兵戸の地位は概して高く、比較的長い間保持されていた。[[北魏]]での兵戸は鎮と呼ばれ、特に首都[[平城]]を北の[[柔然]]から守る六鎮の地位は高く、領土の統治権も持っていた。
 
しかしその北魏でも[[孝文帝 (北魏)|孝文帝]]の漢化政策により、文治の思想が広まり、兵戸の地位は次第に下がり、更にそれまで領土の統治権も中央からの郡県に奪われ、その生活は郡県からの援助を持って成り立つようになった。特に首都が平城から[[洛陽]]に遷ったことで六鎮の地位は暴落し、これに不満を持った鎮の構成員たちは[[六鎮の乱]]を起こす。
 
== 府兵制の前身 ==
北魏分裂後、鮮卑の精鋭は故地に近い[[東魏]]の方にどちらかと言えば集まり、[[西魏]]には少なかった。
 
この軍制の将軍である八柱国・十二大将軍は西魏とその後の[[北周]]にとっての有力者の家系となり、後の[[隋]]の楊氏は大将軍の唐の李氏は柱国の家系である。
 
== 隋唐府兵制 ==
西魏から[[禅譲]]を受けた北周、更に北周から禅譲を受けた隋の時代に兵民籍の区別を廃止して一般民戸とし、唐がそれを受け継いだ。
 
折衝府は全国に600が存在していた。所属する兵員によって上中下があり、元は上が1000・中が800・下が600であったが、後に増員されて上が1200・中が1000・下が800となっている。10人で1火、5火で1隊、4隊で1国となっており、それぞれの指揮官は火長・隊正・校尉・折衝都尉と呼んでいる。600×1000=60万が唐の兵力ということになる。もちろん防衛のための兵士であるから稼動兵力はこれを下回るので、遠征軍を編成するときには臨時に募兵が行われる。これは「行軍」と呼ばれ、府兵の諸物資が自前に拠ったのに対してこちらは官給であった。
 
== 府兵制の崩壊 ==
府兵制は、農耕土着風習の中国人にとってはかなりの重い負担であった。[[玄宗 (唐)|玄宗]]期には均田制自体が行き詰まり、農民が納税できなくなってきたこと。唐の領土があまりにも大きくなってしまって、土着農民の感覚からいうと、あまりにも遠い辺境に防人として送られるようになってきて、帰れる保障もなくなってきたことなどから逃げだす者も増加し、兵が思うように集まらなくなる。
 
また、華北地域では秋耕の定着による2年3作方式が確立され、農作業の通年化・集約化及びそれらを基盤とした生産力の増大が進展し、事実上の土地私有化が行われるとともに[[色役]]の代銭化が行われる一方で、代替が効かずその期間中の農作業を制約される府兵・防人に対する経済的な負担感が増大していった(一連の農業における変化は[[租庸調制]]の崩壊と[[両税法]]の導入の一因にもなる)<ref>渡邊信一郎「唐代後半期の中央財政―戸部曹財政を中心に―」(初出:『京都府立大学学術報告』人文・第40号(1988年)/所収:『中國古代の財政と國家』(汲古書院、2010年)第14章)</ref>。
 
更に府兵制では外敵の動きに対して機敏に対処することが難しく、唐政府は[[常備軍]]を欲するようになり、府兵に変わって行軍が主に使用されるようになる。辺境でもそれは同じであり、[[羈縻支配|羈縻州]]に対して[[都護府]]が設置され、その下には募兵による行軍がいた。
そして辺境の兵士たちは府兵制に於ける3年間のような短い期間ではなく、6年あるいはそれ以上の時を辺境で過ごすようになる。更に[[737年]]に辺境の軍鎮に半永住する長征健児制が出来る。これらの兵士たちは全て募兵であり、生活を国家からの支給で賄う職業軍人であった。
 
ここに至り、唐における兵農分離が完成し、府兵制は完全に消滅した。
 
== 脚注 ==