「イヤーモニター」の版間の差分

編集の要約なし
バンドなどがライブコンサートなどで演奏される伴奏などをボーカルが使用することによって、ライブ会場の壁などによる音響で前の音が現在の音と混ざったり、[[ボーカル]]が会場内を右往左往することで場所によって音源到達時間が異なるため、イヤーモニターを使用することで常に均一に聞くことができる。有線方式や無線方式を使い伝送される。近年では、無線方式を利用した物が多い。
 
現在でも、ステージ上にモニター・スピーカーを設置する場合もあるが、ライブ演奏する会場の大型化での観衆の声援等や、ステージ上での移動等により演者が演奏等の音声が聞こえない事の解消、又、ライブ演奏上でのコンピューターを使用してのプログラミングによる楽器の制御(自動演奏等に伴うリズムセクショのテンポの制御、、キーボードの音質の自動的設定、その他効果音等)や、視覚的演出等(大型モニター等に表示させる映像等や、照明効果等、その他の視覚的効果)を自動的に同期させる演出の為、演奏する音楽テンポを一定化させる為の、基本的なテンポの伝送や、舞台進行上の連絡事項の伝達に使われる。
 
放送等では、番組進行上の伝達事項の連絡などを、視聴者などに悟られずに、直接出演者に伝達する方法の一つとして使われる事もある。
 
音楽ライブに於いて、1990年代初期には使用されていた。(1992年には、[[ジェネシス]]のワールドツアーでは、フィル・コリンズなどが使用していた。)
 
音楽ライブに於いて、1990年代初期には使用されていた。(1992年には、[[ジェネシス]]のワールドツアーでは、フィル・コリンズが使用していた。)
 
== 使用例 ==
匿名利用者