「ファミリーナンバー」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
 
== 意味 ==
ブルース・ロウが創出した競走族や種牡馬族といった概念は、現在ではほとんど重要視されない(競走族の2号族からノーザンダンサーなどの大種牡馬が出現したり、2号族(競走族)と8号族(種牡馬族)の[[ミトコンドリアDNA]] (mtDNA) が同じだったりする)。また、彼の分類によれば、ファミリーナンバーの少ないほど優れた競走能力を示すサラブレッドが多く、43号族が最も劣ることになるが、理論の発表から100年以上もたった現在ではファミリーナンバーの少なさと競走能力の相関関係はほとんど重要視されない。現在では勢力順位の入れ替わりも見られ、ブルース・ロウ当時の勢力(頭数ベース)は2号族>3号族>1号族(クラシック勝利数ベースだと1号族>2号族>3号族)であったが、1995年現在、1号族>9号族>164号族となっている(1号族はここ250年ほどに渡って常に拡大傾向にあり、全サラブレッドに占める割合は20%に近づきつつある)。
 
一方で、[[細胞質]]は母から子へのみ伝わることが明らかになると、「持久力の原動力は[[ミトコンドリア]]をはじめとする細胞質である」として、ファミリーを重要視する者もいる。サラブレッドを含む[[ウマ|イエウマ]] (''Equus caballus'') のゲノムは、31対の[[常染色体]]と[[X染色体]]、[[Y染色体]]、mtDNAの、計約2.7G[[塩基対|bp]]の[[デオキシリボ核酸|DNA]]より構成されるが、この内mtDNA (16.7kbp) が母系に付随して継承されることが分かっている。mtDNA上には[[細胞核|核]][[遺伝子]](ゲノムサイズ約2.7G[[塩基対|bp]]、[[オープンリーディングフレーム|ORF]]約2.1万(解析途中の概算))に比べると非常に小さいものの、その環状DNA中には[[アデノシン三リン酸|ATP]]合成に関わる13種の[[タンパク質]]、それらタンパク質の合成に関与する24種の[[非コードRNA]]が含まれており、実際にこれらの[[ハプロタイプ]]が能力に影響するかもしれないとする研究例もある。ただし20-35%程度の割合で系図に誤りが見つかっていることから、ハプロタイプ=ファミリーナンバーがそのまま適用できるわけではないという問題がある。
2

回編集