「アリアンロッド・リプレイ・レジェンド」の版間の差分

;ドル・ジャマダル(鈴吹太郎)
:ネヴァーフのメイジ/ニンジャ。年齢は50代。”風雲児”の旧友で商会の番頭。
:商人としての経験は長いが、冒険者としては初心者。しかしその人生経験を活かして、選手たちの相談役にもなっている。ちなみにプレイヤーの鈴吹曰く「マーチャント20レベル」とのこと。また、本リプレイでの参戦以前にもFリーグに在籍していたことがあり、その経験を活かして、選手たちの相談役にもなっている
:”風雲児”から双子のことを任されており、貧乏生活の中でも絶えず二人の面倒をみる苦労人。「ダイバダッダ忍法」なる忍術を修めているのだが、当初はほとんど忘れていた。「ドル資金」なる独自の貯金を持っている<ref>レジェンド「サントスの穴」に基づくレジェンドデータ「エフリーグマスター」の効果。この効果によりドルは、プリプレイごとに(CL)D×100Gの資金を得ることが出来る。</ref>。
:戦闘においては魔法攻撃役を担当。「魔のコンボ」の片割れで、彼の役割は「ランドフィッシャー」による「マヒ」付与。
:出身地は不明だが、かつて「セレスチャルフォース」という同郷のオルニスの集団に所属していた過去がある(そこでの名前は「セレスチャルイエロー」)。彼ら同様自分で決めた「設定」にのめり込む癖があり、ギルド・コロローナが色物扱いされる大きな原因になっている。しかし実力は高く、歌による支援はパーティを支える柱の一つである。本人いわく「奏でる曲は伝説となる」<ref>レジェンド「不滅の名曲」に基づくレジェンドデータ「アペイディングソング」の演出。呪歌判定を行うスキルの効果を×(SL)Dする。</ref>。
:戦闘では呪歌を用いた支援を担当。ほとんどダイスを振らないと言う特殊な構成になっている。
:双子と共にFリーグを卒業した後、「無限の砂漠」の東に広がる「東方世界」に向かった。そこでの活躍は『[[アリアンロッド・リプレイ・ブレイド]]』で描かれている。
 
===Fリーグ関係者===
匿名利用者