「昇華 (化学)」の版間の差分

m
+{{出典の明記}}
m (r2.6.4) (ロボットによる 追加: ar, bg, bs, ca, cs, da, de, el, eo, es, et, eu, fa, fi, fr, he, hi, hr, ht, hu, id, it, ko, la, lt, lv, ml, nl, nn, no, pl, pt, ro, ru, sd, simple, sk, sl, sr, sv, ta, th, tl, tr, uk, ur, vi, zh)
m (+{{出典の明記}})
{{出典の明記|date=2011年7月}}
[[ファイルFile:Phase-diag.svg|240px|thumb|right|240px|一般的な物質の[[相図]]。[[三重点]]以下の[[温度]]または[[圧力]](赤線部分)で昇華が起こる。]]
'''昇華'''(しょうか、{{lang-en-short|sublimation}})は[[元素]]や[[化合物]]が[[液体]]を経ずに[[固体]]から[[気体]]、または気体から固体へと[[相転移]]する現象。[[温度]]と[[圧力]]の交点が[[三重点]]より下へ来た場合に起こる。
 
標準圧では、ほとんどの化合物と元素が温度変化により固体、液体、気体の[[三態]]間を相転移する性質を持つ。この状態においては、固体から気体へと相転移する場合、中間の状態である液体を経る必要がある。 しかし、一部の化合物と元素は一定の圧力下において、固体と気体間を直接に相転移する。相転移に影響する圧力は系全体の圧力ではなく、物質各々の[[蒸気圧]]である。
 
== 昇華と物質 ==
[[ファイルFile:Trockeneis.jpg|thumb|left|220px|[[ドライアイス]]は、常温常圧下では昇華して直接気体の二酸化炭素になる。]]
<!--[[亜鉛]]や[[カドミウム]]などの元素は低圧条件下で昇華するため、高[[真空]]条件下ではこれらの化合物は昇華が起こる恐れがある。-->