「日光県」の版間の差分

→‎概要: 冗長な部分を短縮
(→‎概要: 冗長な部分を短縮)
[[戊辰戦争]]では[[宇都宮市|宇都宮]]など関東内における戦役の舞台の1つとなり([[宇都宮城の戦い]])、[[1868年]]([[慶応]]4年)6月、[[鍋島幹|鍋島道太郎]]([[肥前藩|佐賀]][[藩士]])が'''真岡知県事'''に任命され、8月には[[日光山|日光]][[寺社領|領]]が[[上知令|収公]]された。9月に入って鍋島知県事は旧[[遠国奉行|日光奉行所]]に入り、[[1869年]](明治2年)2月には'''日光県'''と改称し、日光に[[県庁]]を置いた。また、[[1870年]](明治3年)には移封となった[[高徳藩]]、廃藩となった[[喜連川藩]]の[[知行|領地]]も編入した。
 
[[明治維新]]を迎えると政府は、中央集権をおし進めるため、[[1871年]](明治4年)[[7月14日 (旧暦)|7月14日]]に[[廃藩置県]]を断行、旧来封建支配の一掃を図った。その後、全国的な府県再編が行われ、同年[[11月14日 (旧暦)|11月14日]]に伴い、下野国、上野国南東部の6県が'''[[宇都宮栃木]]'''に統合されまた下野国の管轄区域上野国南東部を加えて'''栃木[[宇都宮]]'''が設置され、日光県はたことにより廃止された。なお、日光県知事であった鍋島は栃木県県令を引き続き務めている。
 
== 沿革 ==