「イヴァン4世」の版間の差分

m
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: os:Иван Тызмæг)
 
=== 対外政策 ===
[[ファイル:Ivan the Terrible and Harsey.jpg|thumb|250px||イングランド使節[[ジェローム・ホーセイ]]謁見する宝物部屋に招くイヴァン4世]]
東部方面において[[カザン・ハン国]]征服は治世初期からの懸案で、[[正教会]]からも[[イスラーム]]に対する[[聖戦]]として支持された。当初は傀儡を立てた間接統治を目指すが失敗、1552年10月に[[カザン]]を攻めて陥落させた。しかし残存勢力の撃退は長引き、1557年まで続いている。1556年には、カスピ海の西北岸に位置する[[アストラハン・ハン国]]を併合。また1581年には、[[ストローガノフ家]]の援助で、[[シビル・ハン国]]制圧に乗り出す[[コサック]]の首領[[イェルマーク]]にお墨付きを与え、[[シベリア]]征服事業を推進している。
 
1,325

回編集