「テレビデオ」の版間の差分

しかし、[[1993年]]に松下電器産業(現:[[パナソニック]])が14型(2系統チューナー内蔵型で20万円台)の機種「2-SHOT」の発売をきっかけとして、爆発的に普及する事となった。まだまだテレビとビデオを単独で購入する事に比べれば高価ではあったものの、テレビとビデオデッキの価格それ自体が下がっている事から、値ごろ感が出てきたのである。さらにシャープからも「Duet」という「2-SHOT」よりも安価なテレビデオが発売しテレビデオ普及に貢献した。テレビやビデオデッキも一家で複数所有する時代となり、2台目のテレビ・ビデオデッキとしての人気が高まった。特に面倒なテレビとビデオデッキの接続が不要という事や、レンタルビデオの普及が、人気に拍車をかける事となった。
 
最近ではVHS方式ビデオデッキ・ブラウン管テレビの人気は衰えたものの、[[2005年]]頃から[[ハードディスク・レコーダー]]や[[DVDレコーダー]]・[[BDレコーダー]]が内蔵された液晶・プラズマテレビも発売されている。ハードディスク内蔵型はメディアを挿入し無くても[[録画]]が可能であるのが、大きなメリットである。中には、[[BDレコーダー]]と[[ハードディスク・レコーダー]]の両方を搭載した製品もある。尚、これらにはテレビデオの呼称は与えられておらず、「録画テレビ」と呼称していない
 
== 注意点 ==
321

回編集