「DMB」の版間の差分

m
現在は大韓民国で移動体向けの放送のみを行っているが、DMB自体は「固定および移動体向けのデジタル方式のマルチメディア放送」という位置づけである。
 
== 地上DMB ==
'''地上DMB'''(T-DMB)は、[[2005年]]に大韓民国で放送を開始した小型携帯機器用[[地上デジタル放送]]。テレビ放送とラジオ放送とデータ放送を実施している。日本の[[ワンセグ]]に相当するもの。
 
大韓民国で採用されている地上デジタル放送規格「[[ATSC]]」は[[マルチパス|マルチパス妨害]]に弱く小型携帯機器での受信には向いていないため、[[ヨーロッパ|欧州]]の[[デジタルラジオ]]規格[[DAB]]・[[デジタル放送]]規格[[EUREKA]]-147を元に開発された。
映像には[[H.264/AVC]]、音声には[[HE-AAC|MPEG-4 BSAC]]、データ放送にはMPEG-4 Systems Core profileを使用。送信周波数はVHF帯を使用。受信困難な地域・地下鉄駅に、ギャップフィラー(電波中継器)を約8000ヶ所(2006年12月現在)設置している。地下鉄駅に限っては受益者負担の観点から、携帯電話事業者が設置・管理している。
 
放送社は、[[韓国放送公社]](KBS)・[[文化放送 (韓国)|文化放送]](MBC)・[[SBS (韓国)|SBS]]・[[春川文化放送]]・[[江原民放]]・[[大田文化放送]]・[[大田放送]]・[[光州文化放送]]・[[光州放送]]・[[安東文化放送]]・[[大邱放送]]・[[釜山文化放送]]・[[KNN (韓国)|KNN]]・[[済州文化放送]]・[[済州国際自由都市放送]]・YTN DMB([[YTN|聯合テレビジョンニュース]])・U1 Media・韓国DMBがある。
 
欧州では、[[DVB-H]]も採用されており今後T-DMBが主流になるかは未知数。かつてドイツ連邦共和国で採用されていたこともあるが、現在は使用されていない。
1,473

回編集