「工事実績情報システム」の版間の差分

== 経緯 ==
* 1993年(平成5年)12月 - 旧[[建設省]]に関する[[審議会]]である「中央建設業審議会」において、工事実績情報の[[データベース]]整備の必要性を盛り込んだ建議がまとめられる。
* 1994年(平成6年)1)2月 - CORINS入力シテムをリリ。旧建設省発注の請負金額5,000万円以上の直轄工事について、工事実績情報のデータベース登録が義務づけられる。
* 1994年(平成6年)4)3月 - 竣工時登録受付を開始。
* 1994年(平成6年)5月 - 発注者向けに、検索システムをリリース。
* 1994年(平成6年)7月 - ほとんどの[[都道府県]]・[[政令指定都市]]発注の請負金額5,000万円以上の建設工事について、CORINS登録が義務づけられる。
* 1995年(平成7年)4月 - 受注時・変更時登録受付を開始。
* 1997年(平成9年)4月 - 登録範囲を請負金額5,000万円以上から2,500万円以上に拡大。
* 1997年(平成9年)6月 - [[オンライン]](電話回線)での登録開始。
* 2002年(平成14年)10月 - 請負金額500万円以上の工事について受注時登録受付を開始。(簡易CORINS)
* 2004年(平成16年)8月 - [[インターネット]]での登録開始。インターネットでの検索サービスを開始。
匿名利用者