「猫娘 (ゲゲゲの鬼太郎)」の版間の差分

 
==概要==
普段は人間の少女の姿だが、ねずみ([[ねずみ男]]を含む)や魚を見て、興奮すると、裂けた口に鋭い牙をむきだした猫の形相になる。猫の機敏さと鋭い爪が戦いの際の武器である。魚、鰹節、ネズミが大好物<ref>{{Cite book|和書|author=[[水木しげる]]|title=水木しげる 鬼太郎大百科|year=2004|publisher=[[小学館]]|isbn=978-4-09-220322-8|pages=49頁}}</ref>。水木プロ監修の書籍等で、公式に「'''ねずみ男と同じ[[半妖怪]]'''」と設定されているが、ねずみ男のように作中でそのことに触れられる描写は滅多にない<ref>『妖怪まんだら 水木しげるの世界』[[世界文化社]]、1997年、13頁。他多数。</ref>。一度、鬼太郎が「アイツ(ねずみ男)は半妖怪だから信用ならない」と猫娘に対して直接言ったが彼女は平然としていた。アニメ第5作から「ゲゲゲの鬼太郎」と「ビビビのねずみ男」に対して「'''ニャニャニャのネコ娘'''」という通称ができた。鬼太郎・目玉おやじ・ねずみ男同様に、水木しげるが創作したキャラクターでありつつ[[妖怪]]としても認知されている。鬼太郎にしおらしい恋心を抱いている。
 
猫の妖怪であるため身軽で、スピードと敏捷性に優れる。しかし一方で、自らの爪と牙しか武器が無いため戦闘力に乏しく、敵妖怪に戦いを挑んだ場合は、大抵鬼太郎や仲間たちに助けてもらうことになる。アニメ第5作から「ゲゲゲの鬼太郎」と「ビビビのねずみ男」に対して「'''ニャニャニャのネコ娘'''」という通称ができた。
 
原作の初期ではねずみ男の天敵として様々なタイプの猫娘妖怪、猫女妖怪が登場しているが、ほとんどが1話限りのゲストキャラクターだった。おかっぱ頭でワンピース姿の猫娘が原作で初登場したのは[[週刊少年マガジン]]版第1シリーズの「猫娘とねずみ男」から<ref>「妖怪大裁判」ではももん爺に率いられて鬼太郎を襲う妖怪たちの中に猫娘に似た女妖怪が登場していたが、この妖怪は始終凶暴な顔のままであるうえに鬼太郎の敵側にいたので、アニメの第2部でこのエピソードが描かれたときは「猫娘」ではない別の女妖怪とされていた。後に作中で鬼太郎が猫娘と妖怪小学校へ通っていたという証言があり<(『ゲゲゲの鬼太郎 謎全史』 55頁などにも記述)「妖怪大裁判」に登場した女妖怪が猫娘ではなかったことを公式に明確化した。</ref>。
匿名利用者