「無」の版間の差分

 
===数学===
数学で無を表すのは[[0]](零)である。数学において0は他のいかなる数とも異なる、多種の特異な性質を持つ。0の発見によって、数学は無を記述できるようになった。0と違い、[[負数]]は量を持つ点でやはり有の一形態である。現在使われている「0」は[[アラビア数字]]と言うが[[インド]]起源であり、[[仏教]]もインド発祥であるため数字の0が仏教の「無」の概念に影響したという説もある。だが、ゼロが[[実]]]直線という存在論有論の系の中に取り込まれているに対して、無は、その直線の外部にあるので、その両者間を区分しなくてはいけない。
 
=== イスラム教 ===
匿名利用者