「ふじみ野市立大井郷土資料館」の版間の差分

m
常設展示室のテーマは「みち」であり<ref>ふじみ野市立大井郷土資料館編「見学のしおり」2011年</ref>、[[旧石器時代]]からの他地域との交流や[[川越街道]]を利用した人の動きや物流で繁栄した大井宿を中心的にとりあげている。
===原始・古代===
旧大井町域は、奈良・平安時代に[[製鉄]]遺跡があったほかは、[[弥生時代]]や[[古墳時代]]もふくめて人々の活動の目立った痕跡が皆無若しくはあまり確認できていない。反面、[[旧石器時代]]の調査が行われてきたこと、縄文時代中期前半([[勝坂式|勝坂]]期)の亀居遺跡、縄文中期をとおして大規模な集落が形成されてきた西ノ原遺跡や東台遺跡があることから縄文中期の展示が充実しており、みどころのひとつとなっている。
 
旧石器時代の[[石器]]で、[[黒曜石]]でつくられたものは、石材を[[長野県]]の[[和田峠 (長野県)|和田峠]]や[[伊豆諸島]]のうち[[神津島]]産のものを使っていたことが確認されている。
[[縄文時代]]については、入口付近に東台遺跡から発見された[[加曾利E式|加曾利E]]Ⅳ式期の柄鏡形住居の復元模型を展示している。また、中部山岳地域を象徴する[[勝坂式]]と千葉、茨城地域を象徴する[[阿玉台式]]土器が同じ住居跡から出土するなどの事例が確認されていることを紹介するとともに階段状の後列に、縄文中期前半の勝坂式の土器が貉沢期から順番に展示され、中部山岳地域の影響を受けた[[曾利式|曾利]]系土器が続く。前列に阿玉台式土器を展示している。縄文時代中期後半の加曾利E式土器と後期初頭の[[称名寺式]]土器が原始コーナーの最後尾となっている。
259

回編集