「日光県」の版間の差分

m
m (府県統合)
* [[1868年]](慶応4年)
** [[5月17日 (旧暦)|5月17日]] - 佐賀藩兵の乱入で、真岡代官所が置かれた[[芳賀郡]]真岡町(現在の[[真岡市]]台町)にあった[[真岡城|真岡陣屋]]が全焼。[[代官]]・山内源七郎が[[獄門]]となる。
** [[6月4日 (旧暦)|6月4日]] - 佐賀藩士の鍋島道太郎が'''真岡知県事'''に就任。県庁は[[宇都宮城]]に設置。真岡代官所が管轄していた幕府領のほぼ全域と、野国内の旗本領のほぼ全域を管轄。
** 8月 - 日光奉行所が管轄する日光領を収公。
** [[8月19日 (旧暦)|8月19日]] - 県庁を[[都賀郡]][[石橋宿]](現在の[[下野市]])に移転。