「ケーストゥティス」の版間の差分

m
編集の要約なし
(ちょっとだけ校正して、翻訳元のen:Kęstutis01:25, 7 August 2009 に含まれていた独自研究と思わしき箇所をコメントアウト)
m
ケーストゥティスは大公[[ゲディミナス]]の息子の一人である。弟の[[ヤヴーヌティス]]は父からリトアニア大公を継承すると、ケーストゥティスは兄の[[アルギルダス]]と共謀してヤヴーヌティスを追放し、兄弟は領土を東西に分割した。共同統治の産物として、[[1337年]]頃にケーストゥティスのために[[トラカイ]]公が設置された。アルギルダスの目が東方に向いている間、ケーストゥティスは西方に軍事力を集中していた。ケーストゥティスは[[ドイツ騎士団]]による西[[リトアニア]]と[[ジェマイティヤ公国|サモギティア]]への攻撃を防ぎ、リトアニア側もケーストゥティスの指揮の下でドイツ騎士団に攻撃を仕掛けた。<!-- 何人かの歴史家は兄弟の分割統治は[[ヨーロッパ史|ヨーロッパの歴史]]では先例のないものだと主張している。ケーストゥティスは(ドイツ騎士団によって)たまに最後の騎士貴族だと信じられた。([[:en:Kęstutis]]では該当箇所の出典は記されておらず、18:10, 5 December 2009 に行われた加筆でこの文は削除されています。) -->
 
ケーストゥティスは[[リトアニア大公国]]西部の国境線の争いでは外交と同様に、兄と異なる軍事制度を採用した。[[1349年]]にドイツ騎士団とのこれ以上戦闘衝突泥沼化を避けるために、[[ローマ教皇]][[クレメンス6世 (ローマ教皇)|クレメンス6世]]と[[リトアニアを[[キリスト教化]]する([[:en:Christianization of Lithuania]])交渉を行い、自身の王位と息子ための[[王冠]]世襲の約束を取り付けた。アルギルダスは商業上や関心を持つ[[この取引からは一歩引いた立場におり、領内のルーシ]]諸侯人の動向別に注視して進んで異教のままでいた。しかし、[[1349年]][[10月]]に交渉の仲介者である[[ポーランド王国|ポーランド]][[ポーランド国王|王]][[カジミェシュ3世 (ポーランド王)|カジミェシュ3世大王]]は[[1349年]][[10月]]に[[ヴォルィーニ]]と[[ブレスト (ベラルーシ)|ブレスト]]への想定外の攻撃を行ったため、ケースゥティスの計画は潰れたえる。ヴォルィーニを巡る[[ポーランド・リトアニア間の戦争]]中で、[[1351年]][[8月15日]]に[[ハンガリー王国|ハンガリー]][[ハンガリー国王一覧|王]][[ラヨシュ1世|ラヨシュ1世騎士王]]は、王冠のと引き換え代わるケーストゥティスのキリスト教への改宗と[[ハンガリー王国|ハンガリー]]への軍事的援助の義務約束を取り付けること条件ケーストゥティスと画策提案した。和平は他の面からみれば、こ和約はケーストゥティスがローマ教皇よる自国全体の改宗を持ちかけたにもかかわらず、異教の儀式を行っていた証拠を確信させるのであ言える。事実、ケーストゥティス和平に応じることも、[[ブダ]]へく意思なかった.<ref>{{lt icon}} [http://www.lrytas.lt/?data=&id=11832768841182643783&sk_id=&view=4&p=4 Kęstutis: krikšto priešininkas ar šalininkas? (Kęstutis: was he a proponent or opponent of the Christianization)], in Kultūros barai, 2006, 6. accessed on 01-07-2007</ref>
 
 
ケーストゥティスは単なる好敵手としてではなく[[ゲルマン騎士団]]による騎士団であることに気付いた。そして彼等と友好的にしようと考えたが、その手が誰にも握られることはなかった<ref name='Gudavičius'>{{cite book | last = Gudavičius | first = Edvardas | authorlink = Edvardas Gudavičius | coauthors = | title = Lietuvos istorija | publisher = | year = 1999 | location = Vilnius| url = | doi = | id = | isbn = 9986-39-112-1 | page = 188 }}</ref>。