メインメニューを開く

差分

HE-AAC

96 バイト追加, 7 年前
編集の要約なし
'''HE-AAC''' ('''High-Efficiency Advanced Audio Coding''') は、オーディオの圧縮符号化の国際標準化方式であるMPEG-4 [[AAC]]の拡張仕様であり、[[MPEG-4]] Audio (ISO/IEC 14496-3)においてAACバージョン3として標準化された。HE-AAC が[[2003年]]に、HE-AAC v2 が[[2004年]]に制定された。
 
== 概要 ==
HE-AAC v1 では、Coding Technologiesが[[mp3PRO]]で採用している [[Spectral Band Replication]](SBR)技術をAACに組み込むことにより、再生帯域を拡大して主に低ビットレート(128kbps以下<ref name="trev_305-moser"/>)での音質([[圧縮効率]])を大幅に向上させている。これによりHE-AACは、'''MPEG-4 AAC Plus SBR'''や、Coding Technologiesの登録商標である'''aacPlus'''などの名称でも呼ばれている。
 
HE-AAC v2 では、さらなる低ビットレート (48kbps以下<ref name="trev_305-moser"/>)で音質を改善している。'''aacPlus v2''' や '''eAAC+''' といった商標名で呼ばれることもある
 
== 音質 ==
高音域と中低音を分離した結果、「48kbps程度のレートでCDの音質を実現している」とされる。48kbpsで[[音質|MUSHRA]]が80点 (Excellent) である。24kbpsでは HE-AAC v2 で Good の境目)である。<!-- が、一方では「それ以上はビットレートを上げても大して音質が向上しない」性質も併せ持つ。-->全てのビットレートで AAC < HE-AAC v1 < HE-AAC v2 と音質が改善されている。
 
また、高音域の成分が複雑に入っている音は高音域のノイズが目立ちにくいが、高音域の成分がある程度単調な音ではノイズが乗っているように聞こえることがある(これはSBRの特徴であり、ビットレートを上げてもそれほど改善しない)。
7,353

回編集