「市川團十郎」の版間の差分

告知タグを Template:表記揺れ案内タグに置き換え
(告知タグを Template:表記揺れ案内タグに置き換え)
{{告知表記揺れ案内|議論text=|項目名の漢字表記について。1=市川団十郎|表記2=市川團十郎|議論ページ=[[Wikipedia‐ノート:記事名の付け方/過去ログ10#日本の歴史人物名の漢字表記|過去の議論]]}}
[[ファイル:Mimasu.svg|thumb|100px|三升]]
[[ファイル:Gyoyō Botan Inverted.jpg|thumb|100px|杏葉牡丹]]
'''市川 團十郞'''(いちかわ だんじゅうろう、新字体:'''団十郎''')は[[歌舞伎]]役者の[[名跡]]。[[屋号]]は[[成田屋]]。[[家紋|定紋]]は[[:File:Mimasu.svg|三升]](みます)、[[替紋]]は[[:File:Gyoyō Botan Inverted.jpg|杏葉牡丹]](ぎょよう ぼたん)。[[役者文様]]は[[:File:Kama Wa Nu inverted.jpg|鎌輪ぬ]](かまわぬ)。
<!--以下はむしろ「[[堀越重蔵]]」の項にふさわしい内容の記述ですので、新たに項目を立ててそちらの方へお願いいたします。--><!--
 
== 歴史 ==
初代市川団十郎の父は[[甲州]]出身で、異名を「面疵(つらきず)の重蔵」、「菰(こも)の十蔵」などと呼ばれた[[侠客]]だったという。さらにさかのぼると[[武士]]で後北条家の家来であったという説もあるが、これは甲州の出ということ以外は疑わしい。「菰の十蔵」というのは十蔵が[[非人]]出身なのでお菰(コジキ)の意味でそう呼ばれたものとされる。十蔵は甲州から出てしばらく下総に住んだのち、江戸和泉町に住み着いたといわれている。<ref>[http://www5b.biglobe.ne.jp/~kabusk/geinohsi1.htm 身分問題から見た歌舞伎十八番その1:不動]</ref>
 
昭和初期に[[山梨県]][[笛吹市]][[一宮町 (山梨県)|一宮町]]の旧家で発見された堀越氏系図によると、遠祖は能係を務めた武田家臣で、初代團十郎の曾祖父にあたる堀越十郎が[[市川三郷町]](旧[[三珠町]]上野)の地を領し、武田滅亡後に下総国へ落ち延びたという。ただし[[市川宗家]]は、初代團十郎は[[成田山新勝寺]]にほど近い[[幡谷]]の出身で、新勝寺とは少なからず縁があったと公式に表している。これが「[[成田屋]]」という市川宗家の[[屋号]]の由来である。-->
当代の團十郎が最初に襲名したのが[[市川新之助]]だったため、新之助 → 海老蔵 → 團十郎と襲名するのが市川宗家の通例だと誤解されがちだが、実際にかつて新之助を名乗った者がのちに團十郎を襲名したのは、他には七代目と八代目があるのみである(詳細は「[[市川海老蔵]]」の項を参照)。
 
== 市川團十郎代々 ==
<!--*重蔵
: 初代團十郎の父。祖先は[[甲州]]武士の出身で[[北条家]]の家臣とされ、北条家の滅亡後は[[下総国]]で[[郷士]]となったとする説があるが明確ではない。重蔵の代に土地を処分し江戸へ出た 以上市川家公式サイトより要約(住所は和泉町とも)。面疵(つらきず)の重蔵、菰(こも)の重蔵の異名をもつ。重蔵が[[非人]]出身とする説もあり、そこから菰(=[[乞食]])と呼ばれたのだともいう。--><!-- 本項は歌舞伎の「市川團十郎」の名跡について。初代の父は歌舞伎役者でも團十郎でもないので、割愛するべきかと。-->
* [[市川團十郎 (初代)|初代 市川團十郎]]
** 役者堀越重蔵の長男、1660–1704。[[立役|荒事]]芸を創始。<!--作者名[[三升屋兵庫]]。-->
** 初代[[市川海老蔵]] → 初代市川團十郎
* [[市川團十郎 (2代目)|二代目 市川團十郎]]
** 初代の長男、1688–1758。
** 初代[[市川九蔵]] → 二代目市川團十郎 → 二代目市川海老蔵<!--[[穢多頭弾左衛門]]の支配から脱却する。-->
* [[市川團十郎 (3代目)|三代目 市川團十郎]]
** 二代目の養子、1721–1742。実父は高弟の[[三升屋助十郎]]。
** 初代市川升五郎 → 三代目市川團十郎
* [[市川團十郎 (4代目)|四代目 市川團十郎]]
** 二代目の養子(あるいは実子)、1711–1778。実父は[[芝居茶屋]]の和泉屋勘十郎(あるいは二代目本人)。
** 二代目[[松本幸四郎]] → 四代目市川團十郎 → 三代目市川海老蔵
* [[市川團十郎 (5代目)|五代目 市川團十郎]]
** 四代目の子、1741–1804。<!--狂名:花道のつらね。-->
** 三代目松本幸四郎 → 五代目市川團十郎 → 三代目松本幸四郎 → [[市川蝦蔵]] → 成田屋七左衛門(隠居名)→ 初代[[市川白猿]](舞台復帰後)
* [[市川團十郎 (6代目)|六代目 市川團十郎]]
** 五代目の子、1778–1799(早世)。
** 四代目市川海老蔵 → 六代目市川團十郎
* [[市川團十郎 (7代目)|七代目 市川團十郎]]
** 五代目の孫で六代目の養子、1791–1859。[[歌舞伎十八番]]を選定。
** 初代[[市川新之助]] →(五代目)市川ゑび蔵 → 七代目市川團十郎 → 五代目市川海老蔵 → 成田屋七左衛門(蟄居謹慎時)→ 幡谷重蔵(旅回り)→ 二代目市川白猿
* [[市川團十郎 (8代目)|八代目 市川團十郎]]
** 七代目の長男、1823–1854([[大坂]]で自殺)。
** 二代目市川新之助 → 六代目市川海老蔵 → 八代目市川團十郎 → 三代目市川白猿
* [[市川團十郎 (9代目)|九代目 市川團十郎]]
** 七代目の五男、1838–1903。「劇聖」と呼ばれる。
** 三代目[[河原崎長十郎]] → 初代[[河原崎権十郎]] → 七代目[[河原崎権之助]] → [[市川三升|河原崎三升]] → 九代目市川團十郎
* [[市川團十郎 (10代目)|贈十代目 市川團十郎]]
** 九代目の婿養子(長女・二代目市川翠扇の夫)、1882–1956。実父は履物商後東京市議の稲延利兵衛。銀行員から役者に転身。
** 堀越福三郎 → 五代目[[市川三升]] → 贈十代目市川團十郎(告別式で追贈)
* [[市川團十郎 (11代目)|十一代目 市川團十郎]]
** 十代目の養子、1909–1965。実父は[[松本幸四郎 (7代目)|七代目松本幸四郎]]。
** 初代[[松本金太郎 (歌舞伎)|松本金太郎]] → 九代目[[市川高麗蔵]] → 九代目市川海老蔵 → 十一代目市川團十郎
* [[市川團十郎 (12代目)|十二代目 市川團十郎]]
** 十一代目の長男、1946– 。当代。
** 六代目市川新之助 → 十代目市川海老蔵 → 十二代目市川團十郎<!--
<gallery>
ファイル:Danjūrō Ichikawa I as Zōhiki.jpg|[[市川團十郎 (初代)|初代<br />市川團十郎]]
ファイル:Danjūrō Ichikawa II as Shibaraku.jpg|[[市川團十郎 (2代目) |二代目<br />市川團十郎]]
ファイル:Danjūrō Ichikawa III as Uirō.jpg|[[市川團十郎 (3代目) |三代目<br />市川團十郎]]
ファイル:Danjūrō Ichikawa IV as Rokubu.jpg|[[市川團十郎 (4代目) |四代目<br />市川團十郎]]
ファイル:Sharaku2.jpg|[[市川團十郎 (5代目) |五代目<br />市川團十郎]]
ファイル:Danjūrō Ichikawa VI as Sukeroku.jpg|[[市川團十郎 (6代目) |六代目<br />市川團十郎]]
ファイル:Danjūrō Ichikawa VII as Benkei cropped.jpg|[[市川團十郎 (7代目) |七代目<br />市川團十郎]]
ファイル:Danjūrō Ichikawa VIII as Gorō.jpg|[[市川團十郎 (8代目) |八代目<br />市川團十郎]]
ファイル:Danjuro Ichikawa IX cropped.jpg|[[市川團十郎 (9代目) |九代目<br />市川團十郎]]
ファイル:Danjūrō Ichikawa X.jpg|[[市川三升 (5代目) |十代目<br />市川團十郎]]
</gallery>
--><!--歌舞伎の名跡を扱った他の項目にはこうしたギャラリーがないので、体裁を合わせます。-->
 
== 関連項目 ==
* [[柿色|團十郎茶]] <!--
* [[成田山新勝寺]]
 
 
== 脚注 ==
<references />
-->
 
== 外部リンク ==
* [http://www.naritaya.jp/ 成田屋 市川團十郎・海老蔵公式サイト]
{{人名の曖昧さ回避}}
{{DEFAULTSORT:いちかわ たんしゆうろう}}