「チアマゾール」の版間の差分

→‎内服前、内服中の注意: 2011年現在では、妊娠時・授乳時にはPTUの方が好まれるため。検討・推敲は必要ですがひとまず異論が出そうなところを消しておきます
m (cat)
(→‎内服前、内服中の注意: 2011年現在では、妊娠時・授乳時にはPTUの方が好まれるため。検討・推敲は必要ですがひとまず異論が出そうなところを消しておきます)
**処方薬、市販薬にかかわらず薬を内服している人、とくに[[ワルファリン]](商品名ワーファリン)などの[[抗凝固薬]]、[[ジゴキシン]]を内服中の人。
**かつて[[白血球減少症]]、[[血小板減少症]]、[[再生不良性貧血]]、肝疾患にかかっていた人、あるいは現在かかっている人。
**[[妊娠]]中の人、妊娠の予定のある人、[[授乳]]中の人。場合によってプロピルチオウラシルへの変更が検討される。なお、過去の研究ではチアマゾールが胎児に影響を与える可能性が示唆されていたが、現在はその影響は有意なものではないと考えられている。
*もしチアマゾール内服中に発熱やのどの痛みがあったときには直ちに主治医に連絡すること(前述)。
*外科[[手術]]、歯科手術を受ける予定の人は、外科または歯科の主治医にチアマゾール内服中であることを伝えること。
4,650

回編集