「新宿プラザ劇場」の版間の差分

m
(→‎劇場の終焉: 新宿ピカデリーの修正(松竹は2011年3月1日付で映画興行部門をMOVIXに移管したため))
が上映され、最終日の11月7日には同館史上最高の収益をあげた『[[タイタニック (1997年の映画)|タイタニック]]』をシネマスコープの大画面で上映し、39年間の歴史に幕を下ろした。
 
新宿地区には、[[新宿三丁目イーストビル|新宿バルト9]]([[ティ・ジョイ]]/TOHOシネマズ共同経営)や[[新宿ピカデリー]]([[MOVIX|松竹マルチプレックスシアターズ]]直営)など、都心型[[シネマコンプレックス]]が開館しており、こうしたシネコンによって映画興行も変貌、興行体制を見直すことが要因となった。この劇場の閉館により、日本国内で1,000席を超える映画館は『[[東急レクリエーション|新宿ミラノ1]]』(1,064席)のみとなった。
 
歌舞伎町方面の日劇1(現・TOHOシネマズ日劇、スクリーン1)系チェーンは『[[レッドクリフ]]Part1』(2008年11月1日公開)から[[東亜興行|新宿アカデミー劇場]]が引き継いでいたが、2009年11月30日をもって閉館したため、『[[イングロリアス・バスターズ]]』(2009年11月20日公開)からは新宿ミラノ2に移行されている。
1,729

回編集