「ポツダム」の版間の差分

m (r2.6.4) (ロボットによる 追加: pnb:پوٹسڈیم)
ポツダムの命運が劇的に変わったのは、[[1660年]]に[[:en:Brandenburg-Prussia|ブランデンブルク]]の[[選帝侯]][[フリードリヒ・ヴィルヘルム (ブランデンブルク選帝侯)|フリードリヒ・ヴィルヘルム]]の狩猟館として選ばれてからである。その後、[[ホーエンツォレルン家]]の宮殿が置かれるなど[[プロシア公領|プロイセン公国]]の拠点の一つとして発展した。[[1685年]]、[[フランス]]で[[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]が[[ナントの勅令]]([[1598年]]に定められていた宗教寛容令)を廃止して[[ユグノー]]の迫害を図ると、プロイセンは[[:en:Edict of Potsdam|ポツダム勅令]]を発表した。これにより、ポツダムはヨーロッパ移民の中心地となった。フランスのユグノーの亡命者のほか、[[ロシア]]、[[オランダ]]、[[ボヘミア]]などから、移民がやってきた。移民をひきつけたのは、勅令によるその宗教的な自由度である。
 
その後、街は[[プロシアイセン]]王家の居住地となった。王家の壮大な建造物は、[[18世紀]]半ば、主に[[フリードリヒ2世 (プロイセン王)|フリードリヒ2世]]の治世の間に建てられた。そのうちの一つが、[[庭園]]と[[ロココ様式]]の内装で有名な[[サンスーシー宮殿]]である。他には、[[:en:New Palace (Potsdam)|新宮殿]]や[[:en:Orangery Palace|オランジェリー宮殿]]がある。
戦前には、ドイツ映画人の別荘が多く建てられた。
[[1945年]]、[[第二次世界大戦]]においてドイツが降伏した後、この都市の[[ツェツィーリエンホーフ宮殿]]で[[アメリカ合衆国|米]]、[[ソビエト連邦|ソ]]、[[イギリス|英]]の3首脳が集まり、ドイツの戦後処理および[[日本]]の全面降伏を要求する[[ポツダム会談]]が行われた。
匿名利用者