「テクスチュア」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
注意すべき点は、以上の語によって、こんにち作られている西洋音楽の多くを正確に言い表せるわけではないことである。たとえばモノディは、歴史的な音楽用語である。
 
「[[同時性]]」は、[[:en:Musical_succession|進行]]よりも完成されたテクスチュアである。現代音楽の典型的なテクスチュアの一つは、[[リゲティ・ジェルジュ|ジェルジ・リゲティ]]によって開発された[[マイクロポリフォニー]]である。
 
そのほかのテクスチュアに、[[ホモリズム]]、[[ポリリズム]]、[[主題 (音楽)|複主題]]、[[:en:Onomatopoeia|オノマトペー]]、合成テクスチュア、混合テクスチュアがある(下記参考文献34頁)。
匿名利用者