「レー (詩形)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{文学}}
{{Portal|クラシック音楽}}
'''レー'''(仏語:'''lai'''、複数形'''''lais''''')は、[[13世紀]]から[[14世紀]]後半にかけて[[アルプス山脈|アルプス]]以北の[[ヨーロッパ]]で作曲された[[歌曲]](または歌詞)の形式のこと。中世の[[フランス王国|フランス]]で成立し、[[ドイツ]]に入って「'''ライヒ'''(独語:'''Leich''')」と呼ばれた。中世[[プロヴァンス]]には'''[[デスコルト]]'''('''''descort''''' )と呼ばれる、レーに非常によく似た詩形がある。
 
==レー==
レーの詩形は、通常いくつかの[[スタンザ]]からなるが、各連が同じ形式を取ることはない。結果として音楽には反復がなくなる。この特徴ゆえに、レーを他の同時期の音楽的に重要な詩形(たとえばロンドーやバラード)と見分けることは容易である。14世紀においてレーの発展が終わるまでには、スタンザの反復されるレーも数例見受けられるようになったが、あくまで長詩において見られるに過ぎない。レーの末期の例として、[[アジャンクールのい]]におけるフランス軍の敗走を偲んだ、ピエール・ド・ネソンによる『戦いのレー(''Lay de la guerre'')』([[1415年]])があげられるが、その旋律は伝承されていない。
 
『[[フォーヴェル物語]]』には4つのレーが存在し、いずれも作者不詳である。これらのレーは、文学的にも音楽的にも、ギヨーム・ド・マショーの作品と同じ高みに到達している。このほかに、14世紀[[アルス・ノヴァ]]の作曲家による別々の19例が現存しており、そのいずれもが、最も洗練され、かつ高度に発達した世俗歌曲に数えることができる。
* [[ギヨーム・ド・マショー]]
* [[フィリップ・ド・ヴィトリ]](伝承による。真作か否か不明)
* [[マリー・ド・フランス (詩人)|マリー・ド・フランス]]
 
* [[タンホイザー]]
あるいは「語りのレー (narrative lay) 」とも呼ばれる。[[中世フランス語]]や[[古英語]]による恋愛文学の形式をさす。レーは恋愛や[[騎士道]]を扱った韻文で、短く(600~1000文)、しばしば超自然的な、[[ケルト人|ケルト]]風の[[妖精]]の世界のモチーフが含まれている。
 
文章として残された最古の「語りのレー」は、おそらく『[[マリー・ド・フランスのレー]]』であろう。おそらくこれは、[[12世紀]]後半から[[13世紀]]初頭に[[イングランド王国|イングランド]]に過ごしたフランスの女性詩人[[マリー・ド・フランス (詩人)|マリー・ド・フランス]]によって、1170年代に構成されたと考えられている。彼女のレーや、13世紀フランスのいくつかの無名のレーにおける記述から、初期のレーがケルト起源であり、文体においてはより叙情的で[[ブルターニュ]]の[[ミンストレル]]が口ずさんだことがうかがわれる。これらブルターニュの「叙情的なレー」は、一つとして現存してないが、歌曲のレーに道を開いたそれらの要約によって紹介され、なおかつ「語りのレー」の基礎となった。フランスの20ほどのレーの一つである『浜辺のレー』は、13世紀に古ノルウェー語の韻文に訳された。
 
ブルターニュで書かれた最初のレーは、中世フランスのさまざまな[[方言]]に置き換えられ、13世紀から[[14世紀]]には[[中世英語]]によっても再構成された。
==参照項目==
*[[ヴィルレー]]
 
{{DEFAULTSORT:れ}}
[[Category:楽式]]
41,398

回編集