「ミシルルー」の版間の差分

m (→‎歴史: セラーニク)
 
== 歴史 ==
今日我々は、この歌を歌う人々によってこの歌がどこに由来するかを推測することが出来る。この歌は、ギリシア人、トルコ人、アラブ人、ユダヤ人たちの間で聞くことができる。よりよい説明は、[[オスマン帝国]]の支配領域で生まれた、という説明である。説のひとつは現在の[[トルコ]]と[[ギリシア]]の国境地方のある所で、すなわち、セラーニク([[テッサロニキ]])と[[イスタンブル]](コンスタンティノープル)の間のどこかで生まれた、とする。歌の名前はギリシア語とトルコ語の両方で「エジプト人の娘」を意味する。この歌は、他の歌、例えばウスクダラ(Üsküdar’a Gider İken)、カティナキ・モウ・ヤ・セナ(Κατινάκι μου γιά σένα/Katinaki mou ya sena)などと同様に、ギリシアやトルコ(オスマン帝国内で流布した。また、ローカルのユダヤ人社会によっても拾われ、そこからも広まった。 誰が元々この歌を書いたのかは歴史の中に埋もれ、失われている。トルコ人とギリシア人はともにこの歌を自分たちのものであると主張しており、彼らの無限の論争はいつ果てるとも知れない。また我々は、この歌がいつ書かれたかも正確に突き止めることが出来ない。19世紀以降であるとは考えられている。
 
1930年頃、ギリシャの都市部には西欧の大衆音楽が流入していた。一方、[[トルコ]]領となった[[小アジア]]から住民交換によりギリシャに移住してきたギリシャ正教徒が[[アナトリア]]の様々な音楽的伝統を持ち込んでもいた。こうした音楽の交配からレベティコ(レンベティコ/レベティカ/レンベティカ)という新しいギリシアの大衆音楽が芽生えていた。
 
しばしば紹介されるのが、この歌が1930年頃、レベティコを演奏していたミハリス・パトゥリノス(ギリシア語:Μιχάλης Πατρινός,ラテン文字転記:Michalis Patrinos)の楽団によって最初に録音された、という説である。この説は以下の通り。ほとんどの初期のレベティカの歌と同様に歌の実際の作曲家は判明していない。歌の所有権は楽団のリーダーにあった。旋律はおそらく楽団のメンバー達によって協力して作曲された。これはその時代よくあることであった。最初の歌詞はパトゥリノス自身によって書かれた。パトゥリノス(彼は元々[[イズミル|スミルナ]]、現トルコ領イズミルに住んでいた)は歌をエジプトの娘を意味するムスルルMısırlıあるいはミシルルーΜισιρλούと命名した。元々、歌はレベティコの様式で、より遅いテンポと異なったキー(調)で、トルコの(あるいはギリシアの)テンポのゆったりしたダンスである[[チフテテリ|チフテテッリ]]の舞踊のための歌として作曲された。ミシルルーも他のいくつかの歌と同じくレベティコの勃興と共に生まれた曲のひとつである。
 
リチャード・スポットウッドRichard Spotwoodは"''Ethnic Music on Records, Volume 3: Eastern Europe''"の中で1927年にテトス・ディミトゥリアデス(ギリシア語:Τέτος Δημητριάδης,ラテン文字転記:Tetos Dimitriades,Tetos Demetriades)によって歌われた録音があると紹介している。
1,256

回編集