「有糸分裂」の版間の差分

m
NEONさんの部分的校正は徐々に反映します。
(図が別にあると見にくい、理解しにくいのでリバート。<br />部分は今後加筆予定、もしくは加筆勧誘中を意味します。)
m (NEONさんの部分的校正は徐々に反映します。)
'''有糸分裂'''(ゆうしぶんれつ、{{Lang-en-short|mitosis}})とは、[[真核生物]]で一般的にみられる[[核分裂]]の様式。対立する語は[[無糸分裂]]である。[[細胞分裂]]の際に核の中に[[染色体]]・[[紡錘体]]などの[[糸]]状の構造が形成されて行われる。また有糸分裂を伴う細胞分裂のことを指して有糸分裂ということもある。有糸分裂の期間をM期とも言う。
 
[[二倍体]]細胞において[[相同染色体]]を分離させる[[減数分裂]]も有糸分裂の亜形であり(減数有糸分裂)、これに対して通常の有糸分裂を[[体細胞有糸分裂]](somatic mitosis)ということがある。おそらくこちらが本来の定義であるが、単に有糸分裂と言ったときには減数分裂を含めないことが多い
 
有糸分裂期(M期)以外の長い期間を間期 interphase(I)という(右図)。G2期の後、M期、G1期の順番になる。 [[Image:Cell Cycle 2-2.svg|thumb|right|The cell cycle]] 
[[Image:Metaphase.jpg| thumb|left|100 px|'''Metaphase''']]
[[Image:Mitosis-flourescent.jpg| thumb|中期。染色体 (うすい青) が中央に集まる。緑が紡錘体。]] [[Image:Mitotic spindle color micrograph.gif|thumb|中期。染色体 (青) が中央に集まる。緑が紡錘体。]]
中期には細胞の赤道面に染色体が集まる。染色体の各1セットが各々正しく紡錘体に結合しているかがチェックされ、これを紡錘体チェックポイントという。支障がある場合は細胞周期が停止する。この期は正しい染色体分配、ひいては細胞分裂のためのもっとも本質的なステップと考えられる。<br />
<br />
<br />
87

回編集