「板垣退助」の版間の差分

編集の要約なし
=== 生い立ち ===
[[ファイル:Itagaki Taisuke Kochi01bs3872.jpg|thumb|180px|生誕地([[高知県]][[高知市]])]]
天保8年4月17日(1837年5月21日)、[[土佐藩]]士・[[乾正成]](300石、[[馬廻]]格)の男として、高知城下中島町([[高知市]]中島町)に生まれた。同藩士の[[後藤象二郎]]とは幼な馴染みである。[[坂本龍馬]]等の[[郷士]]よりも恵まれた扱いを受けていた(のちに板垣家と坂本家は親戚関係となる)<ref>『[[坂本龍馬]]とその一族』[[土居晴夫]]著、[[新人物往来社]]、1985年(昭和60年)。『[[坂本龍馬]]の系譜』[[土居晴夫]]著、[[新人物往来社]]、2006年(平成18年)。[http://www.geocities.jp/tajima73/tosayamamoto.html]</ref>。
 
=== 幕末 ===
少年期は素行が悪くて藩から2度処罰を受けており、一時は家督相続すら危ぶまれたが、父正成の死後、家禄220石に減知さぜられて家督相続を許される。[[江戸]]で西洋式[[兵学]]を学び、軍制改革を進める等、尊王攘夷論に傾斜し軍備改正武力倒幕を任を務めた外、張している。免奉行や側用役、大監察、参政など藩の要職を歴任した。[[倒幕運動]]に参加し、武力倒幕を主張している
 
[[戊辰戦争]]では[[迅衝隊]]総督として土佐藩兵を率い、東山道先鋒総督府参謀の肩書きで従軍した。[[天領]]である[[甲府城]]の掌握目前の[[美濃国|美濃]]大垣に向けて出発した[[慶応4年]]([[1868年]])2月14日が[[板垣信方]]の没後320年にあたるため、「[[甲斐源氏]]の流れを汲む[[板垣氏]]の後裔である<ref name="udagenji">但し乾家初代、[[乾正信]]には実子がなく、[[永原一照|永原(山内)刑部一照]]の次男、[[乾正行|平九郎]]を養子として後継とした為、[[板垣信方|信方]]および正信との血縁は無い。</ref>との[[板垣退助#系譜|家伝]]を示して甲斐国民衆の支持を得よ」と、[[岩倉具視]]等の助言を得て、板垣氏を名乗った。この策が講じて[[甲州勝沼の戦い]]で大久保大和([[近藤勇]])の率いる[[新撰組]]を撃破した<ref>[[甲州勝沼の戦い]]の後、甲斐国の[[武田氏]]一族の菩提寺である[[恵林寺]]に所蔵されていた[[板垣信方]]の肖像画に対面し、感激した退助は直筆で「わが祖」と書き入れたという。</ref>。
 
[[東北戦争]]では、[[三春藩]]や[[二本松藩]]・[[仙台藩]]・[[会津藩]]を攻略するなどの軍功によって[[賞典禄]]1,000石を賜っている。[[明治元年]]([[1868年]])12月には藩陸軍総督となり、家老格に任命進んで家禄600石に加増される。
 
=== 明治政府の要職を歴任 ===
匿名利用者