「自由党 (日本 1881-1884)」の版間の差分

[[自由民権運動]]の担い手として全国に組織を広げるも、[[集会条例]]による弾圧や[[1882年]]の[[板垣遭難事件]]、同年秋の板垣外遊の是非を巡る内紛による馬場・末広・大石の離党、更に板垣の留守中には、党内急進派が貧農層と激派を形勢して様々な事件を起こす。その後、1882年の[[福島事件]]、翌年の[[高田事件]]が勃発して弾圧が強化、更に過激な行動に奔るという悪循環となる。更に同じ民権派の立憲改進党との対立も党内の混乱に拍車をかけた。
 
帰国した板垣はこの現状を見て党の先行きに不安を感じ、解党するか党再建のために10万円の政治資金を調達するかのいずれかの選択を提議した。だが、[[松方デフレ]]による有力な資金提供者であった豪農層の没落が相次いだため資金集めに失敗し、[[1884年]]3月には総理権限を強化して板垣の下に党員の結集を図るが、執行部は地方の急進派を押さえきれなかった。そして、9月の[[加波山事件]]によって解党論が高まり、[[10月29日]]に解党大会を開いた(なお、当時獄中にいた[[星亨]]が獄中から解党反対の[[電報]]を打って板垣からは「バカイフナ(馬鹿言うな)」と返電された)。
 
なお、急進派による最大の事件(事実上の反乱)である[[秩父事件]]はその直後に発生している。
匿名利用者