「曹爽」の版間の差分

[[249年]](正始10年)[[1月6日_(旧暦)|正月(1月)6日]]、曹爽・[[曹羲]]兄弟が曹芳のお供をして出かけたのを見計らい、司馬懿は抱き込んだ[[明元皇后郭氏|郭皇后]]の命で兵馬を指揮して[[洛陽]]の武器庫を占拠し洛陽城を閉門、[[クーデター]]を起こした。側近の[[桓範]]は曹家ゆかりの[[許昌]]に拠って兵馬を募り、併せて食糧徴発権を持つ[[大司農]]の印章を提示して司馬懿との決戦を主張したが、先手を取られた曹爽は、司馬懿から軍籍解任と引き換えに罪を許すと言われると、戦意を失い降伏した。しかし司馬懿は曹爽兄弟を解任したばかりでなく、軟禁して徹底的な監視下に置き、食料の買出しさえも自由にさせなかった。そこで司馬懿に殺意があるのか窺う意味も込めて、食料の差入を申し入れると、すぐ食料が届けられたため、曹爽達は安心した。
 
しかしその後すぐ、[[1月10日_(旧暦)|1月10日]]に、「3月に曹爽らが謀反を計画していた」という[[宦官]]・[[張当]]の[[自白]]を根拠に、何晏らと共に謀反を企てている疑いで投獄された。そして即日三族皆殺しの刑に処せられた。
 
これ以降は皇族曹氏は力が衰退し、司馬懿の一族が事実上魏を支配することになった。
匿名利用者