「蒸発岩」の版間の差分

記事としての体裁を整えました。
(記事としての体裁を整えました。)
[[蒸発岩]](じょうはつがん)とは、[[湖]](主に水の供給量が限られる塩湖であることが多い)が干上がった際に水中に溶けていた物質が[[析出]]し、岩となった物。成分は [[岩塩]]、[[石膏]]などを主とする。[[カンブリア紀]]以降の地層に見られ、乾燥気候の指標ともなる。
 
== 蒸発岩 ==
 
中でも岩塩は塑性流動しやすく、ドーム型の形状となり、[[石油]]や[[天然ガス]]を蓄積しやすい環境を作ることがある。
水中に溶けていたものが、蒸発によって水分が気化し、中に溶けていた不純物が、固まったもの。
 
[[地中海]]地域では600~500万年前の地層より蒸発岩がよく見られることから、地中海はその頃一度干上がったあと再度海水が流入し、現在のような形になったのではないかとする学説もある。
== 種類 ==
 
** [[岩塩]]、[[石膏]]、ドロマイト
{{mineral-stub}}
 
[[Category:鉱物|しようはつかん]]
[[Category:湖|しようはつかん]]
341

回編集