「李元昊」の版間の差分

編集の要約なし
m
|説明 =
|王朝 =西夏
|在位期間 =[[1032年]]/[[1038年]][[11月10日]] - [[1048年]][[1月19日]]
'''实际统治:'''[[1032年]] - [[1048年]][[1月19日]]
|都城 =
|諱 =李元昊
}}
 
'''李元昊'''(り げんこう)は[[西夏]]の初代[[皇帝]](在位:[[1038年]][[11月10日]] - [[1048年]][[1月19日]])。
 
[[タングート]]の族長の[[家系]]の出身。父は西平王の地位にあった人物である。李元昊は若い頃から智勇に優れ、教養も豊かな人物であった。[[1032年]]、父の死により西平王の地位を継ぎ、[[1038年]]までにタングートの諸部族を武力によって併合したことを背景にして国号を大夏と号し、皇帝として即位した。[[北宋]]からは西夏と呼ばれる。
 
李元昊は現在の[[寧夏回族自治区]][[銀川]]の興慶府を首都と定め、宋に倣った官位制度の整備・学校の創設による教育の普及・軍備増強など、国家の基盤固めに尽力した。
 
宋との戦いには何度とく大勝するが、同時に宋との交易を断たれたことで経済的に困窮し、最終的に[[1044年]]に「夏は宋に臣従する」「宋から夏に対して絹13万・銀5万・茶2万を歳賜として送る」などの条件で和議を結んだ。晩年には[[西夏文字]]の形成にも尽力し、西夏の文化向上に努めた。
 
しかし、晩年は酒に溺れ、西夏を乱れさせてしまう。皇后の野利氏、太子の寧林格が廃され、その寧林格によって1048年に殺害される。享年46。なお寧林格も父殺しの罪で処刑され、後を[[毅宗 (西夏)|毅宗]](李諒祚)が継いだ。
 
内政・外征共に大きな成功を収めた、西夏の創始者でもあれば、同王朝随一の名君でもある。
匿名利用者