メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
== プリンキパトゥスの開始 ==
[[古代ローマ]]の[[共和政ローマ|共和政]]は、ローマが[[都市国家]]、あるいは都市国家連合である時代には有効に機能した。しかしながらローマが[[地中海世界]]のほとんどを支配する巨大国家になると、システムとして限界を呈してきた。このような巨大国家の指導者の地位は、都市国家ローマの有力者の集まりにすぎない[[元老院 (ローマ)|元老院]]や、首都ローマの市民の選挙によって選ぶ[[執政官]]には、とうてい務まらなくなったのである。そもそもかといって古代の共和制(的)において、こうも巨大化した国家は、共和で全国民参加による民主を実施するなど、到底不可能な事であり<ref>[[同盟市戦争]]を経て、全てのイタリア半島の住民にはローマ含め市民権が付与され地域問わず、貴族やいたが当然ながら首都ローマのように貴族より下在住の市民まで含むにせよ以外はいずれも国家の一部市民集会出席か選挙権・被選挙権を与えず、選挙で選ばれた少数のて執治家が権力を取る、“一部の階層からばれた有力者投票す合議政治”でしかなかった。都市国家でさえこう事は不可能である以上。</ref>巨大な領域国家となっそのような事は誰も想定すらせず<ref>そもそも首都ローマ在住の市民においてすら国家民集会時代と同様投票権制限選挙(奴隷は階級格差があり共和制ローマの実質は市民、女性平等排除)民主制あれはなく、実質は貴族共和制を維持すであったとされ。そのよう時代に到底ローマ市民権所有者ですら実質は市民集会への全参加が不可能な事であり、まように、ローマ市民以外への参政権の拡大事は誰も定すらせず像の範囲外の事である。</ref>、君主制に移行するのはやむを得ない事であった。
 
しかしながら、かつて王を追放し共和制に移行した歴史を持つ古代ローマでは、君主制は最大のタブーであった。「[[内乱の一世紀]]」と呼ばれる動乱の時期を経て、終身[[独裁官]]に就任した[[ガイウス・ユリウス・カエサル|カエサル]]は、共和政ローマの伝統を守ろうとする者たちによって暗殺される事になる。
 
ただし、元首政の残滓はその後も継承され、[[東ローマ帝国]]においても「市民の信任によって選ばれたローマ皇帝」という建前は生きていたと言われる。
 
== 脚注 ==
 
 
{{DEFAULTSORT:ふりんきはとうす}}
864

回編集