「バスクラリネット」の版間の差分

m
m
 
== 基本構造 ==
現在使用されている多くの楽器はまっすぐな管体(アフリカ原産の[[アフリカン・ブラックウッド|グラナディラ]]<!--[[:w:African Blackwood]]-->材がよく使われる。[[プラスチック]]製のものや、まれに金属製のものもある)と、小さく上を向いた銀色の金属製ベル、曲がった金属製ネックから構成されている。初期のバスクラリネットは[[ファゴット]]によく似た形をしていた。[[サクソフォーン]]との類似点も多いが、管体が円錐形で作られているサクソフォーンとは違い、バスクラリネットの管体は円筒形でできている。標準的なB♭ソプラノクラリネットの最低音がミの音(実音で中音Cの下のD)D)なのに対し、多くのバスクラリネットの最低音はミ♭の音([[チェロ]]の最低音であるCの半音上のD♭)D♭)である。いくつかの機種では最低音がドの音(チェロの最低音であるCの1音下のB♭)B♭)まで出せる拡張機能が付けられている。楽器の重量は重いため、首にかけるストラップや、管体に取り付けられた[[エンドピン]]で楽器を支える。
 
== 楽器の用途 ==
13,788

回編集