「インドシナ」の版間の差分

編集の要約なし
'''インドシナ'''または'''フランス領インドシナ'''は、[[東南アジア]]の[[フランス]]の[[植民地]]および保護国、[[フランス植民地帝国]]の一部の連合。それは、[[コーチシナ]]、[[トンキン]]、[[アンナン]](それらは現在の[[ベトナム]]の一部)、[[ラオス]]および[[クメール共和国]](今の[[カンボジア]])から成る。地理的な用語として、インドシナはさらに[[タイ]]と[[ビルマ]]を含む。
 
フランスは、[[仏戦争]](1884 - 1885)の後にアンナンとトンキンの主権を得た。インドシナは1887年10月に、アンナン、トンキン、コーチシナおよびクメール共和国から形成された。ラオスは1893年に加えられ、連合は1954年まで続いた。インドシナの首都は[[ハノイ]]で、一連の傀儡皇帝が即位した。
 
[[第二次大戦]]中の1940年9月に、[[ビシー政権]]は[[日本]]のトンキンへの軍事アクセスの要求を認めた。これは直ちに[[日中戦争]]において[[蒋介石]]軍に対する日本に[[中国]]へのよりよいアクセスを与えた。それは日本の太平洋支配戦略の一部で、同盟国[[ドイツ]]が太平洋の[[オランダ]]およびフランス軍を破る際に大きな助けとなった。日本はインドシナ経営のためにフランスの官僚政治および首脳部を維持した。
匿名利用者