「利用者‐会話:ПРУСАКИН」の版間の差分

m
: キエフ級の件についてはいま本格的に議論を再開したいと思っていないので深追いしませんが、政治的事情や出版状況について予備知識のない方が的確にコメントするのは、少々難しいんじゃないかな?
: 私のコメントのどの部分を問題視なさっているのか具体的によくわかりませんが、「出典の妥当性」と「中立的観点」という問題点を、きちんと把握できていますか?確かに、私はあのページでその辺をきちんとコメントしていませんが、あのページに参加していたのがこの分野にある程度以上知識と関心を持っている人々だったので、言わなくてもみんなわかるというか、「釈迦に説法」かと。
: ちなみに、あの議論に参加していた約1名は、私と管理者のLさん、今活動していないユーザーのoさんの名前をそれぞれが活動していない隙を見計らって方々で勝手に利用し、自分の行為の正当化のために事実関係を捏造し情報操作を行っていたユーザーなので、私の方ではあまりまともに関わりたくない、という気持ちが前面に出ている観は否めません。過去の話までここであなたに説明するいわれはないと思いますが、いちいち悪意に解釈されるので念のため。
: 「アルトゥル・ソビエフ」の件ですが、私はスポーツ分野は門外漢であるゆえか、調べが不適切でした。私としては「アルトゥール・ソビエフ」で日本語の用例があるという可能性を考えていたのですが、「アルトゥル・ソビエフ」という表記は思慮外でした。
: 話は簡単で、「日本語での定着した(あるいは公式な)表記が<ins>ない</ins>場合には、出典の不明確な<おかしい表記>をあえて用いるべきでなく、同じ出典が不明確であれば、<表記として正しい表記>を用いるべきだ」というだけの話であり、この第一段階、「日本語での定着した(あるいは公式な)表記がない」の前提が成り立っていなかった、というわけです。あのページはその分野(サッカー)に詳しい人が書いたものであろうから、その人がきちんと調べている(従って私の提案がおかしければ指摘してくれるはず)と信頼して、もしポーランド語名に改名するという私の提案が不適当であれば対案を出してほしいと書いたわけで、それがこれほど悪意に解釈され攻撃材料にされるとは思いませんでした。
25,959

回編集