「Remote Data Objects」の版間の差分

m
ロボットによる: 文字置き換え (アプリケーションプログラミングインタフェース)
m (ロボットによる: 細部の編集)
m (ロボットによる: 文字置き換え (アプリケーションプログラミングインタフェース))
'''Remote Data Objects'''('''RDO''')は、[[Microsoft Windows 95|Windows 95]] 以降の[[マイクロソフト]]の[[オペレーティングシステム]]での [[Microsoft Visual Basic|Visual Basic]] アプリケーションでかつて使われていたデータアクセス用[[Application Programming Interfaceアプリケーションプログラミングインタフェース|API]]である<ref>{{cite web | last = Microsoft | title = Using Remote Data Objects and the RemoteData Control | url= http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa733681(VS.60).aspx | accessdate = 2009-01-04 }}</ref>。データベースへの接続、クエリ、ストアドプロシージャ、結果の操作、更新のコミットなどが含まれる。リモートマシン上の [[Open Database Connectivity]] (ODBC) データソースと直接やり取りするインタフェースを構築でき、複雑なODBC APIを使う必要がなくなる。
 
Remote Data Objects は Visual Basic のバージョン4、5、6に含まれていた。最終バージョンは RDO 2.0。
4,110

回編集