「トリニティ実験」の版間の差分

→‎開発: -lk 節内重複
(→‎開発: copyedit)
(→‎開発: -lk 節内重複)
 
=== 開発 ===
核兵器の実現可能性を調べる研究はアメリカとイギリスによって[[1939年]]には開始されていたが、実際の開発が本格的に始まったのは、[[1942年]]に研究がアメリカ陸軍の権限の下に委譲されて[[マンハッタン計画]]となってからのことだった。[[マンハッタン計画]]の目的は核兵器の内部で起こる[[核分裂反応|核分裂]][[連鎖反応 (核分裂)|連鎖反応]]の源となる[[核分裂性物質]]を開発することと、核兵器自体の設計であった。この計画は[[ニューメキシコ州]]の[[ロスアラモス国立研究所|ロスアラモス研究所]]で最高機密として進められた <ref name = Bet91>[[ハンス・ベーテ|Hans Bethe]] (1991), ''The Road from Los Alamos''. American Institute of Physics ISBN 0-671-74012-1</ref>。
 
[[ファイル:Fission bomb assembly methods.svg|thumb|250px|マンハッタン計画で研究された2つのタイプの[[原子爆弾]]の動作原理。爆縮型(図下)は複雑な動作を要するため、実戦での使用の前に試験を行なう必要があると考えられた。]]
匿名利用者