「ヤン・ミクシンスキー」の版間の差分

主要著書
(en:Jan Mikusinski 19:49, 11 July 2011 版から部分翻訳)
タグ: 参考文献(出典)に関する節がない記事の作成
 
(主要著書)
'''ヤン・ミクシンスキー'''(Jan Mikusiński、[[1913年]][[4月3日]]-[[1987年]][[7月27日]])は、ポーランドの数学者。[[解析学]]における先駆的な業績で知られる。[[微分方程式]]の解法として有効な[[演算子法]]を発展させた(ミクシンスキーの演算子法)。ミクシンスキーの演算子法は、関数の[[畳み込み]]に関しての代数に基づくものである。畳み込み積から、ミクシンスキーは[[商体]](分数体)と呼ばれる代数を定義するに至った。ミクシンスキーは、これらの関数のなす順序対を演算子と呼んだ。また、ミクシンスキーのキューブ、Antosik-Mikusinskiの定理、ミクシンスキーの畳み込み代数等でも知られている。
 
==主要著書==
* Jan Mikunsinski, ''Operational calculaus'', Pergamon Press, Oxford (1953)
* S. Hartman, Jan Mikusinski, ''Theory of Lebesgue Measure and Integration'' ,Elsevier (1961), ISBN 978-0080138329
* Piotr Antosik, Jan Mikusiński and Roman Sikorski, ''Theory of distributions; the sequential approach'', Elsevier Scientific (1973), ISBN 0444410821
* Jan Mikunsinski, ''The Bochner Integral'', Birkhauser (1978), ISBN 978-3764308650
* Jan Mikunsinski, Piotr Mikunsinski, ''Introduction To Analysis: From Number to Integral'', John Wiley and Sons Ltd. (1993), ISBN 978-0471589884
 
==外部リンク==
* Rachunek operatorow (演算子法の原著) http://matwbn.icm.edu.pl/kstresc.php?tom=30&wyd=10&jez=