「New Extend Standard Architecture」の版間の差分

編集の要約なし
しかもこのMCAは従来の[[Industry Standard Architecture|ISA]]スロットに対する電気的な下方互換性やカードそのものの物理的な互換性を一切切り捨てることで高性能化を実現しており、更にそのライセンス供与に当たってIBMは互換機メーカー各社に対し、各社が販売したPC互換機全てについて過去に遡って高額のライセンス料支払いに応じることを許諾条件の一つとして提示した。
 
この許諾条件はIBM製品に対する価格面での優位性によって市場での競争力を得ていた互換機メーカー各社にとって到底許容できる条件ではなく、またISAバスとの共存を拒否するMCAの採用は、既存のISA用拡張カードを購入した顧客の利便性を損なうことを意味していた。
 
このため、ごく一部のメーカーはMCAのライセンスを取得し、実際にもMCAを搭載するマシンを製造販売したものの、1987年当時アメリカ市場において有力であった大手[[PC/AT互換機]]メーカー9社、具体的にはAST Research、[[セイコーエプソン]]、[[ヒューレットパッカード]]、NEC、[[オリベッティ]]、[[ラジオシャック|タンディ・ラジオシャック]]、Wyse、Zenith Data Systemsの各社は、この条件提示に応じることを拒否し、各社で協議の上、MCAに対抗可能でなおかつ従来のISAに対する上位互換性を備えた新しい汎用32ビットバス規格の開発に乗り出し、IBMとは異なる道を進むことを決断した。
14,398

回編集