「ほんやら洞 (喫茶店)」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎伝説の喫茶店: 事実関係として現在の経営者は甲斐扶佐義を追加。)
 
== 概要 ==
「ほんやら洞」を名乗る喫茶店のルーツとなった[[京都市]]の[[出町柳]]の店は、[[1972年]]([[昭和]]47年)に開業した。2階に文化活動のためのスペースを備えるこの店は、多くの詩人や美術家、音楽家、文化人たちによって利用され、文化の発信拠点となった。文化を意識した店づくりは、今日のブックカフェ、ギャラリーカフェなどに代表される[[カフェ]]文化の先駆けとなるものでもあった。
 
国分寺の「ほんやら洞」は、京都・出町柳の店に関わったメンバーによって開設・経営されており、出町柳の店と共通する文化性・開放性を特徴としている。
 
== 京都・出町柳の「ほんやら洞」 ==
=== 伝説の喫茶店 ===
[[京都市]]の[[出町柳]]([[上京区]]今出川通寺町西入ル、現在の経営者は[[甲斐扶佐義]])の「ほんやら洞」は、休業中だった喫茶店を買取って、[[1972年]](昭和47年)春、[[シンガーソングライター]]の[[岡林信康]]ら<ref>他に、室謙二、早川正洋、中尾ハジメ、[[甲斐扶佐義]]、[[中山容]]、[[片桐ユズル]]ら協力した。</ref>[[ミュージシャン]]、[[文化人]]、市民たちの募金と労務提供<ref>『就職しないで生きるには』1998年、晶文社)- レイモンド・マンゴー訳者 中山容の「あとがき」</ref>によって、開店された。
 
この店では、[[詩人]]たちが自作の詩の朗読を行い、その録音がレコードや書籍となったことや[[シンガーソングライター]]の[[岡林信康]]、[[中川五郎]]、[[浅川マキ]]らの[[ライブ]]が行われ、[[吉田拓郎]]や[[下田逸郎]]が顔を見せた<ref>[http://honyarado-kyoto.cool.ne.jp/cn20/rensai_01.html 「まえがき」] - [[甲斐扶佐義]] 京都ほんやら洞'68〜'74 連載1</ref>こと、当時よく読まれていた音楽雑誌に同店のスタッフであった[[古川豪]]や早川正洋の日記が連載された<ref>[http://www3.ocn.ne.jp/~f.go/subpage012.html 古川豪プロフィール]</ref><ref>[http://bakkers.gr.jp/~lami/rabi/doc/ref.html 中山ラビ参考資料]</ref>ことなどによって、来店経験がなくても、店の名前や存在を知る人も少なくない。
 
===『ほんやら洞の詩人たち』出版===
この2階スペースには、[[1970年代]]、[[ボブ・ディラン]]楽曲の訳詞者である[[中山容]]、[[片桐ユズル]]、[[秋山基夫]]、[[有馬敲]]らオーラル派と呼ばれる詩人たちが集まり、しばしば自作詩の朗読を行った。そのなかから『ほんやら洞の詩人たち』<ref>「シンボルはめだたなくてはならない,とすると……?」 - 片桐ユズル(『思想の科学』1975年4月号掲載)</ref>という朗読レコードが[[1975年]](昭和50年)に制作され、[[1979年]](昭和54年)には同名の本が生まれた。
 
=== 1970年代の京都の新名所 ===
同店は、1970年代の京都の新名所のひとつとなり、[[中山ラビ]]<ref>[http://rabi.bakkers.jp/doc/link.html 中山ラビリンク説明] ラビWebです内</ref>や女優の[[鮎川いずみ]]らも客として顔を見せた<ref>[http://honyarado-kyoto.cool.ne.jp/cn20/rensai_01.html 「まえがき」] - 甲斐扶佐義 京都ほんやら洞'68〜'74 連載1</ref>。
 
 
== 国分寺の「ほんやら洞」 ==
[[国分寺市]]の店は、京都・出町柳の店舗づくりの中心メンバーだった早川正洋が同様のコンセプトでつくり、[[1974年]](昭和49年)頃に中山容が買い取ったものである。京都の店のコンセプトを熟知する[[シンガーソングライター]]の[[中山ラビ]]が[[1977年]](昭和52年)から経営し、[[作家]]の[[花村萬月]]<ref>[http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Kaigan/1101/harukiML.htm 2000年7月10日] 春樹ML</ref>、[[漫画家]]の[[いしかわじゅん]]<ref>[[いしかわじゅん]]の項目参照。</ref>らが常連だったことでそれぞれの読者から注目を集めた。いしかわは、中山ラビをモデルにして自作の漫画のキャラクターを書いている<ref>前掲[[いしかわじゅん]]の項目参照。</ref>。
 
[[画家]]の[[牧野伊三夫]]が店の看板をつくっており、これまで若手の美術家の個展などの会場となることもあった。
 
== ==
{{脚注ヘルプ}}
{{reflist}}
 
== 関連項目 ==
* [[ほんやら洞]] - [[新潟県]]の魚沼地方の冬の風物詩。
* 『[[ほんやら洞のべんさん]]』 - [[つげ義春]]の短編漫画。
 
== 参考文献 ==
* 『ほんやら洞の詩人たち — 自前の文化をもとめて』 - 片桐ユズル他(晶文社、1979年)
* 『ほんやら洞の詩人たち』CD - 朗読=片桐ユズル、有馬敲、秋山基夫(エイベックス・イオ、2003年)
 
{{デフォルトソート:ほんやらとう}}
[[Category:喫茶店]]
[[Category:都市]]
[[Category:国分寺市]]