「薬」の版間の差分

2,219 バイト追加 、 10 年前
m
rvv.
(ページの置換: '{{Wiktionary|薬|くすり}} == 脚注 == {{脚注ヘルプ}} {{Reflist}} {{aimai}} zh:藥')
m (rvv.)
{{Wiktionary|薬|くすり}}
==くすり==
;人にもちいる薬
*古代においては、「くすり」といえば、もっぱら'''[[生薬]]'''(草根木皮あるいは動物・鉱物)のことを指した<ref>{{Cite book|和書|author=[[清水藤太郎]]|title=日本薬学史|origyear=1949|edition=1971年復刻|year=1971年|publisher=南山堂|pages=p.p.2-4}}</ref>。古代ギリシャでも、古代中国でも植物が薬の基本で([[薬用植物]])、それに加えて動物・鉱物も用いられていたのである。
* 日本で[[伝統中国医学]]を継承したものが[[漢方医学]]として発展すると、薬は'''[[漢方薬]]'''をも指すようになった。
* 西洋では19世紀ころから[[薬用植物]]から有効成分を抽出したものに加えて、化学的に合成した化学薬品もさかんに用いるようになった。
* 日本では明治政府が政策的に[[西洋医学]]を主流と位置付けたものの、両者は併存しており、「薬」と言えば、従来の[[漢方薬]]と化学薬品の両方を指しうる。中国でも、中医学と西洋医学が並立しており両方を指しうる。
 
上記の、人のため、医療のために用いる薬は近年の学術用語などでは[[医薬品]]と呼ばれている(→詳細は'''[[医薬品]]'''を参照のこと。)
 
;人以外に用いるもの
*より広義には、人体に用いるものに限らず、産業用・研究用など各種用途のために製造された'''[[化学薬品]]'''類全般を指す。関連語彙として、[[農薬]]、[[火薬]]、[[試薬]]など。
 
==ヤク==
「ヤク」は'''[[麻薬]]'''の[[隠語]]<ref>{{Cite web|url=http://www.dapc.or.jp/info/qa/1.htm#3|title=薬物乱用防止Q&A|publisher=麻薬・覚せい剤乱用防止センター|accessdate=2010-08-12}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://www.web-sanin.co.jp/gov/boutsui/mini24.htm|title=24:隠語(いんご)|work=暴力団ミニ講座|publisher=松江八束建設業暴力追放対策協議会|accessdate=2010-08-12}}</ref>。
 
==らく==
{{要出典範囲|薬(らく)は、[[京都]]の[[陶芸]]、[[楽焼]](らくやき)または楽家の略。|date=2010年8月}}
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
20,724

回編集