「シンガポールの歴史」の版間の差分

== 歴史 ==
=== トマセック ===
シンガポールに関する歴史的な記述で最も古いものは[[3世紀]]の中国の文献における、''Pu-luo-chung''<ref>漢字表記で婆羅洲、蒲羅中。「半島の先端の島」の意。</ref>であるという<ref>[http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1996/00992/contents/006.htm 日本財団図書館「日本人事行政研究所:アジア諸国の公務員制度」]など</ref>。[[シュリーヴィジャヤ王国]]の勢力化の下、その後[[7世紀]]頃には漁村トマセック<ref>''Temasek''。テマセク、トゥマシクとも。「海の町」を意味する。</ref>として知られ<ref>[http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1996/00992/contents/006.htm 日本財団図書館「日本人事行政研究所:アジア諸国の公務員制度」]</ref>、複数の航路が合流する[[マレー半島]]の先端に位置するという地理的条件も加わり、様々な国の船舶が寄港していたという。
 
[[マジャパヒト王国]]の宮廷詩人であったプラパンチャが[[14世紀]]に書いた『王朝栄華物語』にマジャパヒト王国の服属国としてトマセックの名は見られ、少なくとも14世紀まではこの名で呼称されていた事が伺える。また、同時期に書かれた中国の旅行家[[汪大淵]]による旅行記『島夷誌略』にも「[[海賊]]を生業とする住民が住み、外国船も寄港していた」ことなどが記されている<ref>『地球の歩き方 - シンガポール』(2007年、ISBN 9784478055144)</ref>。
匿名利用者