「船戸陽子」の版間の差分

m
出典付きでコメントを
(→‎棋歴等: 第37回1day優勝)
m (出典付きでコメントを)
{{Infobox 将棋棋士
'''船戸 陽子'''(ふなと ようこ、[[1974年]][[4月23日]] - )は、[[日本女子プロ将棋協会|LPSA]](日本女子プロ将棋協会)所属の[[女流棋士 (将棋)|女流棋士]]。[[ソムリエ]]。[[東京都]][[渋谷区]]出身。[[高柳敏夫]]門下。[[亜細亜大学]]出身。以前は[[日本将棋連盟]]に所属し、当時の女流棋士番号は25。
|image =
|caption =
|名前 = 船戸 陽子
|旧姓 = <!-- 女流棋士等名前に変更があった場合に利用してください -->
|棋士番号 = <!-- 女流棋士の場合は空白にしてください -->
|生年月日 = {{生年月日と年齢|1974|4|23}}
|没年月日 =
|プロ年度 = [[1988年]][[3月17日]]
|出身地 = {{Flagicon|JPN}} [[東京都]][[渋谷区]]
|師匠 = [[高柳敏夫]]
|永世= <!-- 永世号所持者の場合は入力ください -->
|タイトル= <!-- 現在保持しているタイトルを入力 -->
|段位 = 女流二段
|タイトル合計 =
|優勝回数 = 4回
|通算成績 = <!-- 引退棋士等頻繁な変更が必要ない場合利用してください -->
|竜王戦クラス = <!-- 引退棋士等頻繁な変更が必要ない場合利用してください -->
|順位戦クラス = <!-- 引退棋士等頻繁な変更が必要ない場合利用してください -->
|作成日時= [[2011年]][[8月21日]]
}}
'''船戸 陽子'''(ふなと ようこ、[[1974年]][[4月23日]] - )は、[[日本]]の[[女流棋士 (将棋)|女流棋士]]、[[ソムリエ]]。
 
== 概要 ==
'''船戸 陽子'''(ふなと ようこ、[[1974年]][[4月23日]] - )は、[[日本女子プロ将棋協会|LPSA]](日本女子プロ将棋協会)(LPSA)に所属する[[女流棋士 (将棋)|女流棋士]]であるまた、[[ソムリエ]]。[[東京都]][[渋谷区]]出身の資格も持つ。[[高柳敏夫]]門下。[[亜細亜大学]]出身。以前は[[日本将棋連盟]]に所属し、当時の女流棋士番号は25。
 
== 来歴 ==
[[1974年]]生まれ、[[東京都]][[渋谷区]]出身。 [[1986年]]に[[女流育成会]]に入会し、[[1988年]]に3級で女流棋士となった。[[1990年]]に1級、[[1991年]]に女流初段、[[2000年]]に女流二段となった。[[2008年]][[6月30日]]付で日本将棋連盟を退会し、[[2008年]][[7月1日]]より[[日本女子プロ将棋協会|LPSA]](に入会した。日本女子プロ将棋協会)に入会した。LPSA設立当初ではなく、その後に移籍した初の例である。
 
== 人物 ==
父の影響で将棋を始める。趣味は旅行、写真。パソコン操作などに明るく、日本将棋連盟所属時の女流棋士会のイベントパンフレットの多くは船戸によるデザインだった。日本ソムリエ協会認定[[ソムリエ]]の資格を持っており、マイクロソフトのサイト「INNO.」にてコラムを連載。
 
2011年に[[結婚]]した際には、[[将棋]]になぞらえ「私は[[穴熊囲い|四枚穴熊]]に自陣に[[竜馬|馬]]まで引きつけていたにもかかわらず、彼の[[棒銀|原始棒銀]]に寄せ切られてしまいました」<ref>「所属女流棋士入籍のご報告」『[http://joshi-shogi.com/lpsa/news/news_110818.html 日本女子プロ将棋協会|LPSA|]』[[日本女子プロ将棋協会]]、[[2011年]][[8月18日]]。</ref>とのコメントを発表した。
2008年6月30日付で日本将棋連盟を退会し、2008年7月1日より[[日本女子プロ将棋協会|LPSA]](日本女子プロ将棋協会)に入会した。LPSA設立当初ではなく、その後に移籍した初の例である。
 
== 昇段履歴 ==
* [[1dayトーナメント]]
:優勝:第14回・第19回(2008年)、第26回(2009年)、第37回(2010年)
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==