「片岡仁左衛門 (11代目)」の版間の差分

編集の要約なし
(Nanatsu-wari Maru ni Ni-hiki inverted.svg)
}}
 
'''十一代目 片岡 仁左衛門'''(じゅういちだいめ かたおか にざえもん、[[安政]]4年[[12月4日 (旧暦)|12月4日]]([[1858年]][[1月18日]]) - [[昭和1934年]]9年([[1934年昭和]]9年)[[10月16日]])は、明治から昭和初期にかけて活躍した[[歌舞伎役者]]。主に[[立役]]。[[屋号]]は[[松嶋屋]]。定紋は七ツ割丸に二引。俳名に我當、萬麿。本名は'''片岡 秀太郎'''(かたおか ひでたろう)
 
実子に[[片岡仁左衛門 (13代目)|十三代目片岡仁左衛門]]。<!--門人に二代目[[河原崎権十郎]]、映画界に転じた[[阪東妻三郎]]、[[片岡千恵蔵]]がいる。-->
安政5年 (1858)、[[片岡仁左衛門 (8代目)|八代目片岡仁左衛門]]の四男として江戸[[猿若町]]に生まれる。文久元年 (1861)、<!--3歳(此れは満年齢?戦前はみな数えで歳を言ったので、却って混乱を招くことになるかと)。 -->本名の[[片岡秀太郎]]で初舞台。翌年<!--4歳。-->父と兄・[[片岡仁左衛門 (10代目)|三代目片岡我童]]とともに大坂へ移るが、翌文久3年 (1863) 父が死去。後ろ盾を失いながらも<!--「[[ちんこ芝居]]」-->子供芝居で修業を続ける。
 
明治5年 (1872) ごろから<!--14歳。-->大阪[[竹田の芝居]]などに出演、その才能が認められはじめる。2年後には兄とともに東京へ戻り、[[1976年]](明治9年 (1876) 3)3月、[[中村座]]で三代目[[片岡我當]]襲名。その後東京と大阪を往復しながら活躍する。
 
[[1895年]](明治28年 (1895) に兄が急死すると、松嶋屋の屋台骨を背負う重責を負うようになる。そして[[1907年]](明治40年 (1907)、<!--49歳。-->大阪[[角座]]で十一代目[[片岡仁左衛門]]を襲名した。
 
その後は東京に腰を据えて、歌舞伎座の座頭となり、[[中村歌右衛門 (5代目)|五代目中村歌右衛門]]、[[市村羽左衛門 (15代目)|十五代目市村羽左衛門]]とともに「[[三衛門]]」と謳われ、「[[團菊左]]」亡き後の東京歌舞伎を支えた。
十一代目の上京は、当時「五代目中村歌右衛門」の名跡を巡って大阪の[[中村鴈治郎 (初代)|初代中村鴈治郎]]と東京の[[中村歌右衛門 (5代目)|四代目中村芝翫]]との間に争いが起こり、仁左衛門は芝翫を支持したために、関西では飛ぶ鳥を落とすほどの人気を誇った鴈治郎の支持者に囲まれて日々が日増しに居辛くなったからだといわれている。
 
([[1912年]])[[大正]]元年 (1912) には<!--55歳。-->長男の[[片岡仁左衛門 (13代目)|片岡千代之助]]のためにもなるからと、私財を投じて片岡少年俳優養成所を設立。後継者を育成し、若手俳優への芸の伝承にも尽くした。 
 
同年、[[坪内逍遥]]作『[[桐一葉]]』を初演。以後[[新歌舞伎]]に力を入れ、『桜時雨』『名工柿右衛門』などを初演した。
また従前[[人形浄瑠璃]]においてのみの演目だった『大文字屋』や『鰻谷』を歌舞伎化するなど、新しい芝居を作る独創性に長けていた。初代中村鴈治郎とは一時不仲を噂されるほどの対立関係にあったが、それだけに芸のしのぎを削り合う相手として張り合い、互いに研鑚しあっていた。十三代目の著書には、晩年は舞台を共にし、公私にわたって仲が良かったと書いている。
 
[[1934年]](昭和9年 (1934)、大阪で甥の子にあたる[[片岡我童 (13代目)|五代目片岡芦燕]]の襲名披露興行に出ている最中に倒れ、そのまま死去。76歳だった。墓所は[[池上本門寺]](東京都)。
 
==人物==
<!--[[市川團十郎 (9代目)|九代目市川團十郎]]が関西で芝居を行った際、上方の主だった役者が團十郎に同座する中、仁左衛門だけは同座せず、一人、無人芝居に加わり、劇場の前で「大敵とて恐るるなかれ。小敵とて侮るなかれ」と大書した幟を立てて、士気を鼓舞するなど、負けず嫌いな面もあれば、-->そうした反面、立場の弱い者には損得勘定抜きで援助するという義侠心に富む面もあり、父に死に別れた[[實川延若 (2代目)|二代目實川延若]]や[[澤村宗十郎 (7代目)|七代目澤村宗十郎]]に特に目をかけて大成させたのも十一代目の功績である。
 
[[片岡仁左衛門 (13代目)|十三代目片岡仁左衛門]]は、その著書『仁左衛門楽我記』の中で次のように述懐している:「あれは父のなくなる前の年でしたか、父が近々引退するらしいと言ううわさがたったことがありました。それを大阪で聞いたおじさん(初代鴈治郎)は、(中略)すぐその足で明舟町の家へ来られ『引退するてほんまか。引退なんかしたらあかん。体もよわるし、今からやめてどうするのや。もっともっと働いてくれな、どもならん』とまるで怒っているような語気で父に説いていられた姿が、今もまぶたに残っています。『せえへん、せえへん』と笑いながら答える父に、やっと安どしたように四方山の話をして、定宿の築地の細川に帰られたのは十時近かったと思います」([[1982年]](昭和57年、三月書房)
 
==芸風==
どの役も至芸と呼ばれるもので、文字通り一代の名優だった。[[三宅周太郎]]の『片岡仁左衛門』の中に、[[尾上菊五郎 (6代目)|六代目尾上菊五郎]]のことばとして、「團菊没後の本当の名人は十一代目仁左衛門だよ」と記されている。[[岡本綺堂]]は『妹背山』の大判事を評して「いざ段切れのノリになって『倅清舟承れ』以下となると、そのめりはりのうまいいいノドは歌舞伎座の隅々迄鳴り響いた」(大正6年3月)と絶賛している。
 
狂言作家の[[食満南北]]は、その著書『作者部屋から』の中で十一代目と鴈治郎の興味深い比較をしている:「仁左衛門は初日の巧い役者であった。そうして、だんだん舞台に飽きてきて、遂に餅も下げもならぬものにしてしまった。鴈治郎は初日より二日目、二日目よりより三日目、だんだん研究して飽くことをしらなかった。仁左衛門は稽古にすこぶる丁寧で舞台はやや粗雑であった。鴈治郎は稽古はどちらかというと嫌いの方だが、舞台では丁寧であった」([[1944年]](昭和19年、宋栄堂、新字体現代仮名遣いに置換)
 
なお十一代目は自らの得意芸を選び「[[片岡十二集]]」にまとめている。<!--
匿名利用者