「ラヌッチョ2世・ファルネーゼ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (「ラヌッチョ2世」をこのページあてのリダイレクト「ラヌッチョ2世・ファルネーゼ」へ移動: 家名を付加)
m編集の要約なし
{{改名提案|ラヌッチョ2世・ファルネーゼ|t=ノート:アレッサンドロ・ファルネーゼ|date=2011年8月}}
[[Image:Ranuccio Second Farnese.jpg|thumb|right|200px|後ろがラヌッチョ2世]]
'''ラヌッチョ2世・ファルネーゼ''' ('''Ranuccio II Farnese''', [[1630年]][[9月17日]] - [[1694年]][[12月11日]])は、[[パルマ公国|パルマ及びピアチェンツァ]]公(在位:[[1646年]] - [[1694年]])。
 
第5代パルマ公[[オドアルド1世・ファルネーゼ|オドアルド1世]]と妃[[マルゲリータ・デ・メディチ]]の長男として生まれた。父の死後2年間、叔父[[フランチェスコ・マリーア・ファルネーゼ]]と母の2人が摂政をつとめた。
 
オドアルドの治世の間、パルマは[[カストロ戦争]]に巻き込まれ、[[ウルバヌス8世 (ローマ教皇)|ウルバヌス8世]]の属するバルベリーニ家が得ようとした[[ローマ]]北部の[[教皇領]]を獲得した。
 
1649年、ウルバヌスの後継[[インノケンティウス10世 (ローマ教皇)|インノケンティウス10世]]は、ラヌッチョ2世をクリストフォロ・ジアルダ[[枢機卿]]殺害犯として告発した。その報復に、教皇軍はファルネーゼ家の都市を2ヶ月にわたって包囲し破壊し尽くした。8月にパルマ軍は[[ボローニャ]]から遠くない地点で鎮圧した。彼は金で買い戻そうとしたが、教皇領はパルマに残らなかった。
 
ラヌッチョ2世の治世の晩年にパルマは、[[サヴォイア公国|サヴォイア公]][[ヴィットーリオ・アメデーオ2世]]と結んで[[フランス王国|フランス]]と戦っていた[[神聖ローマ皇帝]]軍の過酷な駐留に苦しめられた。
*[[アントニオ・ファルネーゼ|アントニオ]](1679年 - 1731年)
 
{{先代次代|[[パルマ公の一覧|パルマ公]]|[[1646年]] - [[1694年]]|[[オドアルド1世・ファルネーゼ|オドアルド]]|[[フランチェスコ・ファルネーゼ|フランチェスコ]]}}
 
{{DEFAULTSORT:らぬつちよ2}}
41,398

回編集