「石田文樹」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[茨城県立取手第二高等学校]]時代は[[木内幸男]]監督指導の下、{{by|1983年}}春、{{by|1984年}}春・夏と甲子園にエース(1983年は9番打者、1984年は4番打者)として出場し、[[第66回全国高等学校野球選手権大会|1984年夏の甲子園]]では決勝戦で[[KKコンビ]]を擁するPL学園を破り優勝した。この時の主将は1番打者で[[遊撃手]]の[[吉田剛]](元近鉄、阪神)。
 
その後は[[早稲田大学]]にスポーツ特待生として推薦で進学するが[[早稲田大学野球部|野球部]]退部と共に半年で中退し、社会人の[[JX-ENEOS野球部|日本石油]]に入社し[[都市対抗野球大会]]にも出場。
 
{{by|1988年}}の[[プロ野球ドラフト会議|ドラフト]]5位で横浜大洋ホエールズ(現:[[横浜ベイスターズ]])に入団。中継ぎ投手としての起用が多かった。{{by|1994年}}には名前を「文樹」から「大也」に改名して心機一転を図るが良い結果が出せず、同年秋に引退。引退後は横浜に残留し、[[打撃投手]]に転向。1998年には名前を再び「文樹」に戻した。
匿名利用者