「ヤン・ミクシンスキー」の版間の差分

関連項目の追加、+cat
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: fr:Jan Mikusiński)
(関連項目の追加、+cat)
'''ヤン・ミクシンスキー'''(Jan Mikusiński、[[1913年]][[4月3日]]-[[1987年]][[7月27日]])は、ポーランドの数学者。[[解析学]]における先駆的な業績で知られる。[[微分方程式]]の解法として有効な[[演算子法]]を発展させた([[ミクシンスキーの演算子法]])。ミクシンスキーの演算子法は、[[フーリエ変換]]に関する、ある種の函数の畳み込み[[多元環|代数]]をもとに展開される。この非単位的代数が[[畳み込み|畳み込み積]]に関する零因子を持たないこと(Titchmarshの定理)から、代数学において一般に[[商体]](あるいは分数体)と呼ばれる構成を行ってひとつの体が一意的に定義できる。このような構成によって得られる体に属する元は、もとの代数の元(ここでは特定の性質を備えた函数)の順序対(の属する同値類)であり、ミクシンスキーはそれらを総じて演算子と呼んだ。また、ミクシンスキーのキューブ(立体パズル)、Antosik-Mikusinskiの定理、ミクシンスキーの畳み込み代数等でも知られている。
 
==主要著書==
* 原論文1(英語翻訳版) http://matwbn.icm.edu.pl/ksiazki/sm/sm77/sm7711.pdf
* 原論文2(英語翻訳版) http://matwbn.icm.edu.pl/ksiazki/sm/sm77/sm7712.pdf
 
==関連項目==
* [[ミクシンスキーの演算子法]]
 
{{デフォルトソート:みくしんすきい やん}}
[[Category:1913年生]]
[[Category:1987年没]]
[[category:数学に関する記事]]
 
[[de:Jan Mikusiński]]