「順世派」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (r2.6.4) (ロボットによる 追加: kk:Локаята)
m
アジタ・ケーサカンバリンは[[地]]・[[水]]・[[火]]・[[風]]の四元素説を唱えた。これは4要素の離合集散で[[世界]]を説明し、[[霊魂]]の存在を完全に否定するものであり、[[ヴェーダ]]に示される正統[[バラモン教]]における[[アートマン]](ātman、我、真我)をも否定するものであった。当時、汎インド的に最も重要視された[[業]](karma、カルマ)の報いについても、霊魂の行くべき道を示した業のはたらきや[[善悪]]の[[行為]]の報いを完全に否定し、[[来世]]を認めず、[[道徳]]も[[宗教]]も不必要なものであると断じて[[無神論]]の立場に立ち、人間には生得的な目的が備わっていたり、守らなくてはならない規範があるという従来の伝統的な共同体[[倫理]]を否定した。
 
[[マウリヤ朝]]の[[チャンドラグプタ (マウリヤ朝)|チャンドラグプタ]]の側近にして冷徹な思想家でもあった[[カウティリヤ]]の著書と伝承される『[[実利論]]』第1巻第2章には、「哲学は、[[サーンキヤ]]と[[ヨーガ]]とローカーヤタとである」との一文がある。
 
== 関連項目 ==
 
== 参考文献 ==
*[[ミルチア・エリアーデ]]著、[[島田裕巳]]訳  『世界宗教史3  ゴータマ・ブッダからキリスト教の興隆まで(上)』 [[筑摩書房]][[ちくま学芸文庫]]〉、2000.5、ISBN 4-480-08563-7
*[[辛島昇]]、[[前田専学]]、[[江島惠教]]ら監修  『南アジアを知る事典』  [[平凡社]]、1992.10、ISBN 4-582-12634-0
 
{{DEFAULTSORT:しゆんせいは}}
41,398

回編集