「広島宝塚1・2・3」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎関連項目: 統合に伴うリンクの削除)
|名称=広島宝塚<br />Hiroshima Takarazuka
|画像=[[ファイル:広島宝塚1・2・3 01.JPG|250px|広島宝塚1・2・3]]
|通称=広島宝塚1・2・3
|正式名称=広島宝塚1・2・3会館
|旧名称=新天地劇場<br />広島宝塚劇場・宝塚地下劇場
|完成年=1951
|開館日=
|開館公演=
|閉館年= <!--閉鎖されたホールのみに使用-->2011
|閉館月= <!--同-->8
|閉館日= <!--同-->31
|最終公演= [[コクリコ坂から]](宝塚1)<br />[[アンダルシア 女神の報復]](宝塚2)<br />[[ロック 〜わんこの島〜]](宝塚3)
|最終公演= <!--同。判明している場合は記入-->
|収容人数=(3館合計)1,046
|客席=
|HP=[http://hiroshimatakarazuka.co.jp/index.html 広島宝塚]
}}
'''広島宝塚1・2・3'''(ひろしまたからづか ワン・ツー・スリー)は、[[広島市]][[中区 (広島市)|中区]]([[中央通り (広島市)|中央通り]]ある存在した[[東宝]]系の[[映画館]]である。
 
経営・運営は[[東宝]]グループの[[関西共栄興行]]株式会社が行ってい
 
== 概要 ==
広島宝塚会館ビル内にある。以前は、新天地レジャービルの5Fに'''宝塚4'''(座席数200)があった。現在は'''[[シネツイン]]新天地'''になっている。
 
== 沿革 ==
* [[1971年]](昭和46年)[[8月2日]]:全面改築し、「広島宝塚劇場」(3階)、「宝塚地下劇場」(後の「広島宝塚3」。地下1階)の2館体制となる。
* [[1995年]]:新天地レジャービル5階の'''宝塚4'''(座席数200)を加え4館体制となる。
* [[2004年]][[5月]]:宝塚4を閉館サロンシネマなどを運営する「[[序破急 (企業)|株式会社序破急]]」に譲渡(→'''シネツイン新天地''')し3館体制となるに戻す
* [[2008年]][[2月1日]]:運営会社が[[東宝関西興行]]から[[関西共栄興行]]に変更。
* [[2011年]][[8631日]]:近隣の[[シネマコンプレックス]]に客足を奪われたことや、建物の老朽化などの事情により閉館予定を発表する<ref>{{Cite web|date=2011-06-07|url=http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201106070077.html|title=最後の老舗 広島宝塚閉館へ|publisher=中国新聞|language=日本語|accessdate=2011-07-15}}</ref>。
* 2011年[[8月31日]]:午後6時42分終映の『[[コクリコ坂から]]』(宝塚1)をもって完全閉館。新天地劇場時代から60年の歴史に幕を下ろす。
{{節stub}}
 
== 各館の特徴 ==
=== 宝塚1 ===
定員588人。常に洋画の大作と、ヒット予想の高い邦画上映されている。[[TOHOシネマズ日劇]]スクリーン1、[[TOHOシネマズスカラ座]]系の作品が中心である多かった
 
=== 宝塚2 ===
定員62人。規模の小ささからか、主に宝塚1・3で上映された作品のムーブオーバー(続映)や、[[TOHOシネマズ]]限定上映作品([[六本木ヒルズ]]系のTOHOシネマズ系チェーンやお台場シネマ[[メディアージュ]]系のTOHOシネマズ単館作品)が上映されてい。3館内で唯一、定員入替制を導入しており、前売券・株主券などのチケットは、当日券(時間指定券)に引き替えてから入場するシステムとなってい
 
=== 宝塚3 ===
定員396人([[車椅子]]用の2席を含む)。東宝邦画系作品(TOHOシネマズ日劇スクリーン2系列のチェーン)のみを上映している。1ヵ月に1作程度の割合で、新作が公開されていた
 
※ただし、ヒット予想の高い作品によっては、客入りなどで上映館が変わることもあった
 
※[[ドルビーデジタル|サラウンドEX]]と[[デジタル・シアター・システムズ|DTS]]は宝塚2を除き対応してい
 
=== 備考 ===
近年末期は、[[アニメ]]作品(主に[[ドラえもん映画作品|ドラえもん]]、[[クレヨンしんちゃん (アニメ)#劇場版|クレヨンしんちゃん]]、[[ポケットモンスター (劇場版)|ポケットモンスター]])は宝塚1・2・3では上映されず、近隣の[[シネマコンプレックス]]での上映に移行している。また、[[2009年]][[9月6日]]に[[広島スカラ座]]が、[[11月13日]]に[[広島東映・広島ルーブル|広島東映・ルーブル]]が閉館したため、[[松竹]][[東急レクリエーション|東急]]系の洋画と邦画作品(例:『[[おとうと (2010年の映画)|おとうと]]』『[[ソーシャル・ネットワーク (映画)|ソーシャル・ネットワーク]]』等)も一部上映されるなど、番組編成が徐々にフリー化していった
 
== 出典 ==
{{DEFAULTSORT:ひろしまたからつか}}
{{Movie-stub}}
[[Category:日本広島市映画館歴史]]
[[Category:過去の東宝系列映画館]]
[[Category:中区 (広島市)]]
匿名利用者