「古虫動物」の版間の差分

編集の要約なし
 
==特徴==
この門に属する生物は[[オタマジャクシ]]のような形をしている。
この門の特徴は体の前半分と後ろ半分の構造がまったく違うということである。
オタマジャクシ前半分胴体はエラ穴がり、原始的なたる部分は[[魚類脊索動物]]に似た特徴を持っており、先端に[[口]]がある。
しかし、後ろ半オタマジャクシのひれにあたる部分には、はっきりとした[[体節]]があり、る。この特徴は[[節足動物]]にみられる特徴も持っていである。
このような脊索動物と節足動物は類縁関係が遠く、この門の種で発見されその両方の特徴を持っておらず、現在の門で分類不能であ見られない特徴を持っている。
この仲間の化石は[[澄江動物群]]から発見されている。
 
==主な種類==
242

回編集